ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004446更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

「水の都ひろしま」構想

広島デルタの写真 太田川と瀬戸内海の存在は、広島市の大きな個性であり、また快適な環境の源となっています。その魅力をより一層引きだしていくためには、「水の都」づくりという方向で市民・企業・行政それぞれの努力を計画的に結集していく必要があります。
 このため、平成2年3月に国・県・市の3者が協力して、広島市の太田川デルタを対象に「水の都整備構想」(以下「整備構想」といいます)を策定しました。
 その後、社会経済の状況や市民ニーズなどの変化に対応し、新たに「水の都ひろしま」の実現に向けて取り組むための“よりどころ”として、「水の都ひろしま」構想を平成15年1月に策定しました。

 この構想は、これまでの水辺の整備にくわえて、水辺の活用や活動を円滑かつ効果的に進めるためのネットワークづくりなど、ソフトな取り組みを重視しています。また、市民の主体的な水辺活動について新たなアイデアを喚起する役割も期待しているところから、具体的な事業に展開しにくい内容や、実施主体が明確でない内容についても、取り組みとしてとりあげています。

目次
 「水の都ひろしま」構想とは

  1. 水の都ひろしまの特性
  2. 水の都をつくるための基本方針
  3. 水の都の実現方策
  4. モデル地区計画

ダウンロード

関連情報

「水の都ひろしま」構想 概要版

このページに関するお問い合わせ先

経済観光局 観光政策部 おもてなし推進担当
電話:082-504-2676/Fax:082-504-2253
メールアドレス:kanko-omo@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


「水の都ひろしま」づくりの推進