ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 事業者向け情報 > 福祉用具・住宅改修 > 福祉用具貸与に係る機能や価格帯の異なる複数商品の提示等に当たっての説明様式・ガイドラインについて

本文

ページ番号:0000002556更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

福祉用具貸与に係る機能や価格帯の異なる複数商品の提示等に当たっての説明様式・ガイドラインについて

 福祉用具貸与について、サービス利用者が適切な商品を選択するという観点から、平成30年4月より、福祉用具専門相談員が、機能や価格帯の異なる複数の商品をサービス利用者に提示する等の取組が実施されているところです。
 あわせて同年10月以降は、貸与しようとする商品の特徴や貸与価格に加えて、その商品の全国平均貸与価格に関してもサービス利用者に説明することとされています。
 それを踏まえ、一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会のホームページにおいて、複数商品の提示等にあたっての説明様式やガイドラインが示されましたので、お知らせいたします。適宜御活用ください。

掲載先(一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会ホームページへのリンク)

 説明様式 【介護保険対応 ふくせん版「介護保険サービス計画書」「モニタリングシート」<外部リンク>
 作成ガイドライン 【zfssk.rgr.jp/h30reportpdf/h30report_08.pdf<外部リンク>

ダウンロード 

【国事務連絡】福祉用具貸与に係る機能や価格帯の異なる複数商品の提示等に当たっての説明様式・ガイドラインについて(107KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)