ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000109238更新日:2022年4月1日更新印刷ページ表示

企業版ふるさと納税のお願い

~「世界に誇れる『まち』広島」の実現に向けて~

 世界最初の被爆都市であり、廃墟から立ち直った広島市は、このまちを築き上げてきた先人の努力を受け継ぎ、将来にわたって魅力あふれるまちであり続けられるよう、「世界に誇れる『まち』広島」の実現に向け、地方創生に取り組んでいます。
 こうした、広島市の地方創生の取組へのご理解、ご賛同をいただき、企業版ふるさと納税の制度を活用して、広島市の地方創生事業(第2期「世界に誇れる『まち』広島」創生総合戦略の掲載事業)を応援していただける企業を募集しています。
 自治体を支え、地方創生やSDGs達成に貢献する企業としてのアピールにもつながります。
 ぜひ、ご協力をお願いします。

制度の概要

企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除される仕組みです。

税額控除

税目ごとの特例措置
1.法人住民税 寄附額の4割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)
2.法人税 法人住民税で4割に達しない場合、その残額を税額控除。ただし、寄附額の1割を限度。(法人税額の5%が上限)
3.法人事業税 寄附額の2割を税額控除(法人事業税額の20%が上限)

注意事項

・ 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。

本社が所在する地方公共団体への寄附については、本制度の対象となりません。(この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所又は事業所」を指します。)

・ 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。

企業にとってのメリット

1.社会貢献 (SDGsの達成など企業としてのPR効果)

2.広島市との新たなパートナーシップの構築

3.地域資源などを生かした新事業展開

企業版ふるさと納税の対象事業

第2期「世界に誇れる『まち』広島」創生総合戦略に掲載している全ての事業が本制度による寄附対象です。

第2期「世界に誇れる『まち』広島」創生総合戦略(2021年度改訂版) [PDFファイル/2.45MB]

令和4年度に特に寄附を募集している主な事業を紹介します。

 基本目標1 世界に輝く平和のまち

 
平和首長会議の活動展開や平和文化月間におけるイベントの開催

平和首長会議の加盟都市やその市民、NGO等と連携して世界恒久平和の実現に向けて、世界的な活動展開を図っています。
また、市の基本計画、及び平和首長会議の「持続可能な世界に向けた平和的な変革のためのビジョン(PXビジョン)」において目標の一つに掲げている「平和文化の振興」に取り組むため、令和3年度から毎年11月を「平和文化月間」と定めて、平和コンサートや講演などを行っています。

 

【達成を目指すSDGs】
SDGs16SDGs17

平和首長会議
 
比治山公園「平和の丘」構想の推進

比治山公園は、平和記念公園から約2kmの距離に位置しており、その標高をいかして、原爆の惨禍から復興した都心の街並みを一望できます。こうした特性をいかして、「国際平和文化都市として復興した広島の『今』を実感できる新たな拠点」として再整備を進めています。

 

【達成を目指すSDGs】
1617

比治山公園「平和の丘」
 
旧日本銀行広島支店の保存・活用

被爆建物である旧日本銀行広島支店について、文化財としての価値を高めるため、被爆の痕跡の保存と建物内部を被爆後の復旧工事直後の状態に復原する工事を行います。

 

【達成を目指すSDGs】
8101617


旧日本銀行

基本目標2 国際的に開かれた活力あるまち 

 
サッカースタジアム建設の推進

サッカースタジアムは、広島の新たなシンボルとして、広域的な集客効果を高めることや、サッカーを通じた地域交流や国際交流が促進されることなど、広島市ひいては広島県全体の活性化にもつながることが期待される施設であり、広島県、広島商工会議所等と連携して、令和6年の開業に向けて、サッカースタジアムの建設に取り組んでいます。

 

【達成を目指すSDGs】
3891117

サッカースタジアム
 
似島臨海少年自然の家の整備

似島臨海少年自然の家は、広島港からフェリーで約20分の似島にあり、美しい海と緑に囲まれた施設です。この自然環境を生かしながら、こどもたちの野外活動の場としての利用に加えて、企業研修の場、さらには、家族やグループでバーベキューなどアウトドアを楽しむ場としても利用できる施設に生まれ変わります。多くの人が似島を訪れるきっかけをつくり、活性化を図ります。

 

【達成を目指すSDGs】
8121417

似島
 
広島の特産品のブランド化推進事業

地元特産品の知名度を高めその消費拡大を図るため、広島ならではの魅力ある産品を「ザ・広島ブランド」として認定し、ホームページ・SNSでの情報発信や商談会・展示会への出展などのPR活動を行います。

 

【達成を目指すSDGs】
8917

広島ブランド

基本目標3 文化が息づき豊かな人間性を育むまち 

 
ひろしま国際平和文化祭の開催<外部リンク>

国内外から多くの方が広島を訪れる8月の1か月間、音楽とメディア芸術を柱とした「ひろしま国際平和文化祭」を開催し、広島の文化芸術や平和への取組に触れられる機会を提供することで、平和文化の振興と文化芸術活動の活性化を図ります。

ひろしま国際平和文化祭~音楽・芸術と平和への思いがあふれるまち広島の実現に向けて~ [PDFファイル/805KB]

 

【達成を目指すSDGs】
48101617

国際平和文化祭
 
広島市現代美術館の作品購入

現代美術館の魅力の向上や、平和発信機能を強化するため、ヒロシマ賞受賞作家の作品を購入します。(ヒロシマ賞とは、核兵器廃絶と世界恒久平和を願う「ヒロシマの心」を世界へアピールすることを目的に、美術の分野で人類の平和に貢献した作家を顕彰しているものです。)

 

【達成を目指すSDGs】
81617

現代美術館
 
子どもの見守り活動(子どもの安全対策推進事業)

子どもたちが安全・安心に登下校できるよう、地域の見守り活動ボランティアにジャンパー(「みんなで守ろう子どもの安全」マーク入り)等を配付するなど、できるだけ多くの大人の目で子どもを見守る活動を推進します。

 

【達成を目指すSDGs】
481117

見守り活動
 
「スペシャルオリンピックス2022広島」開催支援

多くの市民がスポーツをする動機付けにつなげるとともに、スポーツを通じたまちの活力創出を図るため、知的障害のあるアスリートのための全国大会「スペシャルオリンピックス2022広島」の開催を支援しています。

 

【達成を目指すSDGs】
34101617

スペシャルオリンピックス2022広島
 
防災まちづくり事業

地域防災力を向上させるため、わがまち防災マップの作成や地域防災リーダーの養成など、地域の自主防災組織の「共助」を促進する取組を支援しています。

 

【達成を目指すSDGs】
111317

防災まちづくり事業

手続きの流れ

1. 関心のある取組がございましたら、まずは、下記お問い合わせ先の政策企画課までご連絡ください。

2. 寄附申出書をご提出いただきます。
   寄附申出書 [Wordファイル/34KB]  
   寄附申出書(記入例) [PDFファイル/168KB]

3. 広島市から納入通知書を送付いたしますので、寄附金のお振込みをお願いします。

4. お振込みを確認後、受領証を送付いたしますので、法人関係税の申告手続きにご活用ください。

これまでに寄附をいただいた企業

これまでに、次の企業様から寄附をいただいております。
なお、企業名及び寄附額については、御了承いただいた企業様のみ公表しております。

【平成31/令和元年度】
 平成31年度(令和元年度)寄附実績(法人名、寄附額、寄附目的) [PDFファイル/33KB]

【令和2年度】
 令和2年度寄附実績(法人名、寄附額、寄附目的) [PDFファイル/56KB]
 令和2年度寄附実績(法人名) [PDFファイル/44KB]

【令和3年度】
 令和3年度寄附実績(法人名、寄附額、寄附目的)(令和3年12月10日現在) [PDFファイル/51KB]
 令和3年度寄附実績(法人名)(令和3年12月10日現在) [PDFファイル/47KB]

※寄附を受領した日から紹介させていただくまでの間に時間を要しますので、ご了承ください。

お問い合わせ

・ 本制度の流れや寄附活用事業の内容など税制措置以外の内容について
   企画総務局企画調整部政策企画課(電話:082-504-2014)
   (メールアドレス:seisakukikaku@city.hiroshima.lg.jp)
・ 税制措置の内容について
   財政局税務部市民税課法人課税係(電話:082-504-2093)

その他

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)