ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004120更新日:2022年5月17日更新印刷ページ表示

試験実施計画

令和4年度(2022年度) 広島市職員採用試験実施計画

 今年度の試験区分、採用予定数等について、お知らせします。
 なお、この計画は予定であり、新型コロナウイルス感染症の影響等により、試験日程等を変更する場合があります。今後、当サイトに随時、最新情報を掲載しますので、確認してください。

令和4年度広島市職員採用試験実施計画 [PDFファイル/230KB]

試験区分 採用
予定数
主な受験資格 申込受付期間

第1次試験日
〔試験地〕

試験内容 最終合格
発表日
(年齢は令和5年4月1日現在の満年齢) 第1次試験 第2次試験 第3次試験

行政事務 75名程度 平成5年4月2日以降に生まれた人(30歳未満)

 

4月22日(金)9時~5月16日(月)17時

(郵送による受付は、5月16日(月)必着)

終了

6月19日(日)
〔広島〕

〔東京〕

択一式筆記試験
・教養[大学卒程度]
・専門
面接試験(個別)
小論文試験
(※第1次試験と同日に実施しますが、第1次試験合格者のみ採点し、得点は第2次試験の成績とします。)
面接試験(個別)
集団討論試験
体力試験・身体検査(消防のみ)
9月2日(金)
心理 5名程度
土木 20名程度
建築 5名程度
電気 若干名
機械 若干名
化学 若干名
造園 若干名
園芸 若干名
林業 若干名
社会福祉 15名程度 社会福祉主事への任用資格を有する人または取得見込みの人で、平成5年4月2日以降に生まれた人(30歳未満)
農芸化学 若干名 食品衛生監視員への任用資格を有する人または取得見込みの人で、平成5年4月2日以降に生まれた人(30歳未満)
水産 若干名
薬剤師 若干名 それぞれの免許を有する人または取得見込みの人で、昭和62年4月2日以降に生まれた人(36歳未満)
獣医師 若干名
保健師 20名程度
消防 若干名 平成7年4月2日以降に生まれた人(28歳未満)
 I
保育士 50名程度 保育士登録簿に登録を受けている人または受ける見込みの人で、昭和62年4月2日以降に生まれた人(36歳未満)

8月1日(月)9時~8月15日(月)17時

(郵送による受付は、8月15日(月)必着)

9月25日(日)
〔広島〕
択一式筆記試験
・教養[高校卒程度]
・専門
面接試験(個別)
小論文試験
(※同上)
面接試験(個別)
実技試験
11月11日(金)

行政事務 10名程度 平成13年4月2日以降に生まれた人(22歳未満) 択一式筆記試験
・教養[高校卒程度]
・専門(土木のみ)
面接試験(個別)
小論文試験
(※同上)
面接試験(個別)
集団討論試験(行政事務・学校事務のみ)
体力試験・身体検査(消防のみ)

11月25日(金)

土木 若干名
学校事務 10名程度 平成11年4月2日以降に生まれた人(24歳未満)
消防 30名程度
職務経験者対象 行政事務 15名程度 職務経験が通算して5年以上ある人で、昭和38年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)
※社会福祉については、次のいずれかにも該当する人
ア 社会福祉主事への任用資格を有する人で社会福祉に関連した職務経験が通算5年以上ある人
イ 社会福祉士または精神保健福祉士
※土木・建築・電気・機械については、次のいずれかにも該当する人
ア 各試験区分に関連した職務経験が通算5年以上ある人
イ 表下(4)の資格要件を有する人

択一式筆記試験
・教養[大学卒程度]
エントリーシート(申込時に提出)

面接試験(個別)
小論文試験
(※同上)
面接・プレゼンテーション試験(個別)
集団討論試験
12月16日(金)
社会福祉 5名程度
土木 若干名
建築 若干名
電気 若干名
機械 若干名
就職氷河期世代対象・行政事務 5名程度 昭和45年4月2日から昭和61年4月1日までに生まれた人(37歳~52歳) 択一式筆記試験
・教養[高校卒程度]
エントリーシート(申込時に提出)
面接試験(個別)
小論文試験
(※同上)
面接試験(個別)
集団討論試験
12月16日(金)
障害者対象 行政事務 15名程度 次のいずれかの手帳等の交付を受けている人で、昭和38年4月2日以降に生まれた人(60歳未満)
ア 身体障害者手帳
イ 療育手帳または児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医若しくは障害者職業センターによる知的障害者であることの判定書
ウ 精神障害者保健福祉手帳
9月18日(日)
〔広島〕
択一式筆記試験
・教養[高校卒程度]
小論文試験
面接試験(個別) ※第3次試験は実施しません。 11月11日(金)
学校事務 若干名

(1) いずれも学歴は問いません。
(2) I種行政事務の専門試験は、申込時に「法律」「経済」「行政」の中から1科目を選択します。
(3) 職務経験者対象の「職務経験」として通算する期間には、会社員、公務員、自営業者等として各企業・団体等で2年以上継続して就業していた期間や、青年海外協力隊等で2年以上継続して活動していた期間が該当します。
(4) 職務経験者対象の「土木・建築・電気・機械」の資格要件

 
試験区分 資格要件
土木 技術士(建設部門、上下水道部門または総合技術監理部門(選択科目は建設部門または上下水道部門に限る。))または技術士補(建設部門または上下水道部門)
建築 一級建築士または二級建築士
電気 技術士(電気電子部門または総合技術監理部門(選択科目は電気電子部門に限る。))、技術士補(電気電子部門)、第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者または1級電気工事施工管理技士
機械 技術士(機械部門、衛生工学部門または総合技術監理部門(選択科目は機械部門または衛生工学部門に限る。))、技術士補(機械部門または衛生工学部門)または1級管工事施工管理技士

(5)令和4年度の技能業務職の試験区分、採用予定数等は、令和5年1月上旬頃に当サイト等でお知らせします。

第1次試験・択一式筆記試験出題分野

区分 教養試験 専門試験出題分野
Ⅰ種 行政事務 法律

公務員として必要な大学卒業程度の一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学等)及び知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等)

※一部選択解答

憲法、行政法、民法、刑法、労働法、社会政策、国際関係
経済 経済原論、財政学、経済史、統計学、経済事情、経済政策、社会政策、国際関係
行政 政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済学、財政学、社会政策、国際関係
消防
社会福祉 社会福祉概論(社会保障を含む。)、社会学概論、心理学概論(社会心理学を含む。)、社会調査
心理 一般心理学(心理学史、発達心理学、社会心理学を含む。)、応用心理学(教育心理学・産業心理学・臨床心理学)、調査・研究法、統計学
土木 数学・物理、応用力学、水理学、土質工学、測量、都市計画、土木計画、材料・施工
建築 数学・物理、構造力学、材料学、環境原論、建築史、建築構造、建築計画、都市計画、建築設備、建築施工
電気 数学・物理、電磁気学・電気回路、電気計測・制御、電気機器・電力工学、電子工学、情報・通信工学
機械 数学・物理、材料力学、流体力学、熱力学、電気工学、機械力学・制御、機械設計、機械材料、機械工作
化学 数学・物理、物理化学、分析化学、無機化学・無機工業化学、有機化学・有機工業化学、化学工学
農芸化学 一般化学、分析化学、有機化学、生物有機化学、生物化学、土壌学・植物栄養学、食品科学、応用微生物学
水産 水産事情・水産経済・水産法規、水産環境科学、水産生物学、水産資源学、漁業学、増養殖学、水産化学、水産利用学
造園 造園学原論、造園材料・施工、造園管理、造園計画・設計(都市・地方計画を含む。)、造園関連基礎
園芸 栽培学汎論、作物学、園芸学、育種遺伝学、植物病理学、昆虫学、土壌肥料学、植物生理学、畜産一般、農業経済一般
林業 森林政策・森林経営学、造林学(森林生態学、森林保護学を含む。)、林業工学、林産一般、砂防工学
薬剤師 物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度、実務
獣医師 基礎獣医学、病態獣医学、応用獣医学、臨床獣医学
保健師 公衆衛生看護学、疫学、保健統計学、保健医療福祉行政論
保育士 公務員として必要な高等学校卒業程度の一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学等)及び知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等) 社会福祉、子ども家庭福祉(社会的養護を含む。)、保育の心理学、保育原理・保育内容、子どもの保健
Ⅱ種 行政事務・学校事務 公務員として必要な高等学校卒業程度の一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学等)及び知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等) (専門試験なし)
消防
土木 数学・物理・情報技術基礎、土木基礎力学(構造力学、水理学、土質力学)、土木構造設計、測量、社会基盤工学、土木施工

職務経験者対象

(行政事務・社会福祉・土木・建築・電気・機械)

公務員として必要な大学卒業程度の一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学等)及び知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等) (専門試験なし)

就職氷河期世代対象

(行政事務)

公務員として必要な高等学校卒業程度の一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学等)及び知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等) (専門試験なし)

障害者対象

(行政事務・学校事務)

公務員として必要な高等学校卒業程度の一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学等)及び知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等) (専門試験なし)
技能業務職

主に義務教育終了程度の一般的知識(社会科学、人文科学、自然科学、社会情勢等)
※「食肉技術員」は食肉市場及び家畜に関する基礎的知識、「調理員」は調理業務に必要な基礎的知識を含む。

(専門試験なし)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)