ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004109更新日:2022年4月1日更新印刷ページ表示

勤務条件など

勤務条件

 給与・勤務時間・休暇関係の諸規定の改正が行われた場合は、その定めるところによります。

初任給

 試験区分によって異なり、おおむね下表のとおりです。(令和3年4月1日現在。地域手当、初任給調整手当を含み、学校卒業後すぐに採用された場合の額です。学歴や経験年数に応じてこの額は変わります。)

区分 初任給(円)
Ⅰ種 事務・技術 大学卒 約197,400円
短大・高専卒 約179,700円
獣医師・薬剤師 大学6卒 約221,600円
大学卒 約199,100円
保健師 大学卒 約218,400円
短大3卒 約211,100円
消防 大学卒 約208,000円
保育士 大学卒 約197,400円
短大卒 約179,700円
栄養士 大学卒 約199,100円
短大卒 約182,200円
Ⅱ種 事務・技術 短大・高専卒 約173,400円
高校卒 約161,900円
消防 大学卒 約191,400円
高校卒 約176,800円
障害者対象 大学卒 約188,700円
短大卒 約173,400円
高校卒 約161,900円
職務経験者対象 ※1 約258,300円
就職氷河期世代対象 ※2 約267,500円
技能業務職 ※3 約159,700円

※1 採用時の年齢が35歳で、22歳で大学卒業後、職務経験が10年の場合です。
※2  採用時の年齢が45歳で、22歳で大学卒業後、職務経験が20年の場合です。
※3 採用時の年齢が18歳の場合です。年齢によって加算されます。

諸手当

 支給要件に応じ、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末手当、勤勉手当、時間外勤務手当などが支給されます。
 期末・勤勉手当(ボーナス)は年間4.30か月分(令和3年度実績。ただし、採用初年度の場合は勤務期間によって異なります。)で、6月、12月、3月に支給されます。

勤務時間・休日・休暇など

 市役所、区役所勤務の場合、勤務時間は原則として月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分までで週38時間45分です。土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、平和記念日(8月6日)は原則として、休日となります。休暇は、20日の年次有給休暇のほか、結婚休暇、夏期休暇、産前産後休暇、介護休暇(無給)や育児休業(無給)などがあります。
 施設等の勤務の場合の勤務時間や週休日、休日は、その施設の開館にあわせて変わります。
 なお、庁舎内は全面禁煙となっています。

配属・異動・昇任

 異動や昇任は、適材適所の考え方に立って、職員の能力や経験に応じて行います。事務職・技術職の場合、採用当初は、本庁、区役所など様々な職場に配属され、2~3年で異動があります。その後の異動は3~5年をめどに行われ、幅広く職務経験を積んでいくことになります。また、昇任については下記のとおりです。
 なお、新規採用の皆さんの配属先は、4月1日の辞令交付のときにわかります。

[例示:事務職の昇任段階(主な職名)]
 主事 ⇒ 係長・主査 ⇒ 課長補佐・主幹 ⇒ 課長 ⇒ 部長 ⇒ 局長・区長

福利厚生

健康づくりの支援

 定期健康診断、人間ドックなどの各種健診や、健康に関する研修会を実施しているほか、保健師・カウンセラーが、職場や日常生活の悩みについて相談に応じる健康相談室を設置しています。
 また、電話による心と身体の健康相談、禁煙相談、外部機関において心の健康問題の相談に応じる「なやみごと相談」や24時間対応の電話健康相談(WEB相談可)を実施しています。

福利厚生施設

 福利厚生施設として、体育ホールやサークル室などを備えた職員会館、岩風呂(温泉)やバーベキュー広場のあるコテージがあります。また、会員制福利厚生事業(福利厚生サービス提供企業が実施)により、全国各地の宿泊施設利用に対する補助を実施しています。

コテージ湯の山鷹野橋職員会館

レクリエーション

 広島交響楽団定期演奏会の鑑賞、プロ野球・プロサッカー観戦への助成などを行っています。また、互助会特約店では、割引価格で商品が購入できます。

給付・貸付制度など

 結婚、出産、病気、けがなどに対して祝金や給付金などを支給しています。また、住宅取得、自動車購入などのための資金の貸付制度や各種の保険・年金制度や貯蓄制度があります。

研修制度

 研修職員が職務を行う上で必要な知識、技能等を習得し、社会情勢等の変化に対応できる組織とするため、様々な研修を行っています。
 新規採用職員研修は、新しく採用された職員が最初に参加する研修です。早く仕事に慣れ、職場での円滑な人間関係を築けるよう、職員としての必要な心構えや基本的な知識・技能・態度を身に付けます。

消防職の採用者は、消防学校で約6か月間基礎教育を実施します。

研修体系図

自主研修

職員が自主的に学習するe-ラーニング、通信教育講座の受講、英語力診断テストの受験などを支援します。
職場研修

上司・先輩職員による指導・助言や、職員同士による勉強会を実施し、専門的・実務的な知識や技術の習得を支援します。新規採用職員に対しては、職場の先輩が1年間にわたり1対1で実務面の指導や生活面の相談を行います。

職場外研修

基本研修

新規採用職員研修、中堅職員研修(採用4年目)、新任係長級職員研修、新任課長補佐級職員研修、新任課長級職員研修などを実施し、勤務年数や昇任に合わせて必要な知識・技能の習得、能力の向上を図ります。

特別研修

政策形成能力、折衝・調整能力、行政経営能力などを養成する講座を実施し、業務に関する能力や技術の向上を図ります。
派遣研修

国内派遣研修(中央省庁、自治大学校等)では、専門性の高い知識・技能の習得、政策形成能力の向上などを図り、海外派遣研修(アメリカ、ヨーロッパ、アジア等)では、外国語能力や国際的な視野に立った政策形成能力の向上などを図ります。

ワーク・ライフ・バランスの推進

 本市では、職員が仕事と家庭等を両立し、活躍することができるよう、働きやすい環境づくりに努めています。

育児休業 3歳に満たない子を養育する場合に取得できます。
育児短時間勤務 子が小学校に就学するまでの期間、1週間あたりの勤務時間を短縮して勤務できます。
子の看護休暇 子が中学校に就学するまでの期間、その子の看護を行う場合に取得できます(年度において子1人につき5日以内)。
介護休暇 介護を要する家族の世話をする場合に取得できます。
短期介護休暇 介護を要する家族の世話をする場合に取得できます(年度において対象者1人あたり5日以内)。
ボランティア職務免除 公的な団体からの参加の依頼又は要請があるボランティアに参加する場合、職務につかないことができます。

※育児休業中及び介護休暇中、給与は支給されませんが、一定の条件の下、手当金が支給されます。