ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000202159更新日:2021年1月26日更新印刷ページ表示

安芸区リモート探訪・阿戸編

 例年10月に開催をしていました「安芸区歴史探訪・阿戸編」が新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となったため、なんとか阿戸町の魅力をみなさんにお伝えできないか考え、「安芸区リモート探訪・阿戸編」と題し、阿戸町の魅力あるスポットを紹介したいと思います。

 令和2年(2020年)10月から12月にかけて、安芸区公式フェイスブック<外部リンク>で連載したものに加筆・修正を加え、再構成したものです。

#1・横山家住宅
#2・阿戸のホタル
#3・亀山八幡神社
#番外編
クイズの回答
#1・回答編
#2・回答編
#3・回答編
関連ページ(マップ)

#1・横山家住宅

 江戸時代の庄屋屋敷が当時のまま残っており、なまこ壁や長屋門などには当時の風情が残っています。

 敷地内は普段、非公開ですが、毎月24日(10時30分~11時30分)には「地蔵参りの日」として、邸内にある地蔵堂が公開されています。

 申込はくにくさ苑で受け付けていますが、現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、休止しています。再開のときはお知らせするとのことです。

 なお、「安芸区歴史探訪・阿戸編」では、所有者にご協力いただき、宝物を見せていただいています。なにを見ることができるかは参加しての「お楽しみ」です!

横山家住宅の長屋門の写真
長屋門

横山家の地蔵堂の写真
地蔵堂(令和元年(2019年)の安芸区歴史探訪のときのもの。)

<横山家住宅クイズ>

この横山家住宅はある自治体との境にあります。それはどこでしょうか?

A:東広島市
B:熊野町
C:坂町

ワンポイント

 横山家住宅は、隣町との境にあるシンボル的な建物ですね。前を通ると、阿戸だな〜って思います。

#2・阿戸のホタル

 毎年初夏に、阿戸町を流れる熊野川ではホタルの飛び交う光景を見ることができます。阿戸小学校の子どもたちによるホタルの放流などが行われています。

阿戸のホタル

<阿戸のホタルクイズ>

阿戸ではこのホタルにちなんだイベントを地元で例年行っています。このイベント名は次のどれでしょうか?

A:ふるさと阿戸 竹あかり&ほたる祭り
B:さとやま阿戸 竹あかり&ほたる祭り
C:魅力いっぱいのまち阿戸 ホタル祭り

ワンポイント

 阿戸のホタルは、平成30年(2018年)の豪雨災害、それに伴う復旧工事の影響で数が減ったようです。しかし、瀬野川ホタルの会による飼育・放流、小学生や地域の皆さんによる環境保護活動により、再び乱舞する光景を見ることができると思います。

小学生によるホタルの放流の写真1
小学生によるホタルの放流の様子1

小学生によるホタルの放流の写真2
小学生によるホタルの放流の様子2

#3・亀山八幡神社

 阿戸地区の氏神として多くの住民に親しまれ、秋にはまつりが盛大に執り行われます。

 この行事は「亀山八幡の祭りはやし行事」と呼ばれ、「安芸区歴史探訪・阿戸編」で地元のボランティアガイドさんがぜひ紹介したい見所となっています!

亀山八幡神社の写真1
亀山八幡神社1

亀山八幡神社の写真2
亀山八幡神社2

<亀山八幡神社クイズ>

実は「亀山八幡の祭りはやし行事」は広島市指定の文化財として登録されているのですが、その名称はなんでしょうか?

A:無形文化財
B:有形民俗文化財
C:無形民俗文化財

ワンポイント

 「亀山八幡の祭りはやし行事」は享保年間に始まったと伝えられています。当時の宮司が東広島市安芸津町風早の「祝詞山八幡神社(のりとやまはちまんじんじゃ)」の宮司も務められており、同神社のお祭りに似ていることから、影響を受けているのでは、と推測されます。

#番外編・阿戸町まるごと市

 阿戸町で採れた農作物を販売している産直市です。毎週、土曜と日曜の9時~12時に開かれています。場所はJA安芸阿戸グリーンセンター駐車場です。

 11月28日(土曜日)に取材したときには、白菜、大根、根菜などがたくさん出荷されていました!

 冬の時期で、おススメは「手ごねこんにゃく」です。

 筆者も阿戸町を訪ねたら買っています!おでんにするとおいしいですよ!!

 「阿戸町まるごと市」は中山間地域お宝資源掘り起こし事業を活用しています。

事業紹介のページはこちらからご覧ください。

【地元の方のコメント】

 こんにゃくの人気は高いので、早めに買いに来てください。自家用だけでなく、県外の方に贈られる方もいらっしゃいます。

地元の方が写っている写真
地元の方が交代で店番をされています!

売場の写真1
売場の様子1

こんにゃくの写真
手ごねこんにゃく

売場の写真2
売場の様子2

売場の写真3
売場の様子3

マスクの写真
マスクも売っています!

まるごと市の外観
外観

クイズの回答

#1・回答編

<横山家住宅クイズ>
この横山家住宅はある自治体との行政区の境にあります。それはどこでしょうか?

A:東広島市
B:熊野町
C:坂町

<回答>
B:熊野町

 阿戸町ってどこっていう方も多いと思うので、地理の問題にしてみました。実は、阿戸町の中心からでは、熊野町、東広島市と安芸区の瀬野地区へ行くことができます。

 昨年の「安芸区歴史探訪・阿戸編」では、安芸区民だけでなく熊野町や東広島市からもお越しいただきました。

ワンポイント

 阿戸町は昔、「熊野跡村」という村でした。横山家住宅のそばの橋は「村界橋」と呼ばれています。阿戸町は今も、熊野町とつながりは深いです。

大榎の写真
上庭荒神社(かみにわこうじんしゃ)の大榎(おおえのき)
熊野町との境の目印になっていたそうです。

令和元年の安芸区歴史探訪・阿戸編の写真
令和元年(2019年)の「安芸区歴史探訪・阿戸編」の様子

#2・回答編

<阿戸のホタルクイズ>
阿戸ではこのホタルにちなんだイベントを地元で例年行っています。このイベント名は次のどれでしょうか?

A:ふるさと阿戸 竹あかり&ほたる祭り
B:さとやま阿戸 竹あかり&ほたる祭り
C:魅力いっぱいのまち阿戸 ホタル祭り

<回答>
A:ふるさと阿戸 竹あかり&ほたる祭り

 この2年間では、平成30年(2018年)7月豪雨災害や新型コロナウイルス感染症の影響により、やむを得ず開催することができませんでした。

 復活できるよう、地元のみなさんも奮起されていますので、復活した際はぜひお越しください。

ワンポイント

 人のつながりとぬくもりを感じて頂こうと命名されたようです。地域の催しが周辺の方々の関心を呼び、阿戸町外の方々も大勢来場されます。1,500本の竹あかりが、ほたるの明かりと同じように心に優しい灯をともしてくれます。

熊野川の川辺の写真
熊野川の川辺

竹あかりの写真1
竹あかりの様子(1)

ホタルの写真
ホタルが舞う様子

竹あかりの写真2
竹あかりの様子(2)

竹あかりの写真3
竹あかりの様子(3)

竹あかりの写真4
竹あかりの様子(4)

#3・回答編

<亀山八幡神社クイズ>
実は「亀山八幡の祭りはやし行事」は広島市指定の文化財として登録されているのですが、その名称はなんでしょうか?

A:無形文化財
B:有形民俗文化財
C:無形民俗文化財

<回答>
A:無形文化財

 広島市指定の文化財の一覧については、広島市のホームページに掲載されていますので、参考にしてみてください。

こちらからご覧になることができます。

ワンポイント

 はやし行事は、飾り付けした傘袋を中心にして、鬼を先導役に、大人が横笛、子供が太鼓や鉦などを奏でて奉納します。保存会が組織されており、町内の3つの地区(上庭、中庭、下庭)において、9月下旬ごろから稽古が始まります。阿戸町には、地域をあげて伝統を守っていく風土が今も残っています。

亀山八幡の祭りはやし行事の写真1
亀山八幡の祭りはやし行事の様子1

亀山八幡の祭りはやし行事の写真2
亀山八幡の祭りはやし行事の様子2

関連ページ(マップ)

阿戸町めぐり


生活情報

各種証明書等の取得方法はこちら

区長メッセージ

イベントカレンダー

広報ひろしま

公式Facebook<外部リンク>