ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2022年 > 4月 > 広島平和記念資料館のゴールデンウィークにおける開館時間の延長について

本文

ページ番号:0000277029更新日:2022年4月18日更新印刷ページ表示

広島平和記念資料館のゴールデンウィークにおける開館時間の延長について

ヘッダー画像

令和4年(2022年)4月18日(月曜日)
市民局国際平和推進部平和推進課
被爆体験継承担当:稲田、難波、榎崎
電話:242-7831 内線:5817

 広島平和記念資料館では、ゴールデンウィーク期間中、より多くの方々に被爆の実相に触れていただくため、開館時間を延長します。

 なお、全ての入館者を対象とした検温や手指消毒の実施等、新型コロナウイルス感染防止対策については、引き続き行います。

 

1 期間

  令和4年4月29日(金・祝)から5月5日(木・祝)までの7日間

2 開館時間

期 間

開館時間

(通常 午前8時30分から午後6時まで)

最終入館時間

(通常 午後5時30分)

4月29日(金・祝)

~5月2日(月)

午前8時30分から午後7時まで

午後6時30分

5月3日(火・祝)

~5月5日(木・祝)

午前8時30分から午後8時まで

午後7時30分

※ 第45回ひろしまフラワーフェスティバル開催期間中(5月3日~5月5日)、平和記念公園内では、キャンドルでライトアップする「フラワーキャンドルメッセージ」が実施されます。
※ 本年3月26日にオープンした「被爆遺構展示館」においても、4月29日から5月2日は午後7時まで、5月3日から5月5日は午後8時まで、開館時間を延長します。

3 その他

 新型コロナウイルス感染状況や、国や県の方針等が改正された場合によっては、対応内容等を変更することがありますので、来館前に、広島平和記念資料館のホームページ等により最新情報を御確認いただくようお願いします。

フッター画像