ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 予防医療・予防接種 > 定期の予防接種等による副反応疑いの報告等について
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 子育て > 乳幼児健診・予防接種 > 定期の予防接種等による副反応疑いの報告等について

本文

ページ番号:0000002963更新日:2021年4月20日更新印刷ページ表示

定期の予防接種等による副反応疑いの報告等について

 医師が、定期接種を受けたことによるものと疑われる症状を診断し、その症状が、厚生労働省が定めるものであるときは、医療機関から厚生労働省へ報告する制度があります。


 令和2年10月1日から、その症状が急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、ギラン・バレ症候群(GBS)と疑われる場合には、それぞれ調査票を作成し、予防接種後副反応疑い報告書と共に(独)医薬品医療機器総合機構<外部リンク>へ送付することとなりました。
 また、令和3年2月16日から、新型コロナウイルス感染症に係るワクチン予防接種に関するものについては、専用のFAX番号(0120-011-126)に報告することとなりました。

 令和3年4月1日から上記の報告については、(独)医薬品医療機器総合機構<外部リンク>ウェブサイト<外部リンク>上でも行うことが可能となりました。

 新型コロナワクチンについては、我が国において使用実績がないワクチンであることを踏まえ、これまでワクチン接種との因果関係が示されていない症状も含め、幅広く評価を行っていく必要があることから、当面の間、以下の症状については当該規定による副反応疑い報告を積極的に行うよう検討するとともに、これら以外の症状についても必要に応じて報告を検討することとされています。
 けいれん、ギラン・バレ症候群、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、血小板減少性紫斑病、血管炎、無菌性
 髄膜炎、脳炎・脳症、関節炎、脊髄炎、心筋炎、顔面神経麻痺、血管迷走神経反射(失神を伴うもの)

 令和3年3月30日付けで、記載例についての通知が発出されました。
 リンクマーク新型コロナウイルス感染症に係るワクチンに関する予防接種後副反応疑い報告書の記載方法について [PDFファイル/685KB]


【報告様式】

 リンクマーク予防接種後副反応疑い報告書 [PDFファイル/154KB] [Excelファイル/51KB]

 リンクマーク予防接種後副反応疑い報告書の記入要領 [PDFファイル/226KB]

 リンクマーク急性散在性脳脊髄炎調査票 [PDFファイル/192KB]Excelファイル [24KB]

 リンクマークギラン・バレ症候群調査票 [PDFファイル/178KB]Excelファイル [25KB]
 

【通知全文】

 リンクマーク定期の予防接種等による副反応疑いの報告等の取扱いについて [PDFファイル/984KB]

 リンク 厚生労働省 予防接種後副反応疑い報告制度<外部リンク>

各区の保健センターの所在地と連絡先

名称

所在地

電話番号

中保健センター地域支えあい課(中区地域福祉センター内) 大手町4-1-1 504-2528
東保健センター地域支えあい課(東区総合福祉センター内) 東蟹屋町9-34 568-7729
南保健センター地域支えあい課(南区役所別館内) 皆実町1-4-46 250-4108
西保健センター地域支えあい課(西区地域福祉センター内) 福島町2-24-1 294-6235
安佐南保健センター地域支えあい課(安佐南区総合福祉センター内) 中須1-38-13 831-4942
安佐北保健センター地域支えあい課(安佐北区総合福祉センター内) 可部3-19-22 819-0586
安芸保健センター地域支えあい課(安芸区総合福祉センター内) 船越南3-2-16 821-2809
佐伯保健センター地域支えあい課(佐伯区役所別館) 海老園1-4-5 943-9731

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)