ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 在宅医療・介護連携 > 人生会議(ACP)の普及・啓発の取組(専門職向け)

本文

ページ番号:0000198828更新日:2021年3月6日更新印刷ページ表示

人生会議(ACP)の普及・啓発の取組(専門職向け)

広島市では、広島市連合地区地域保健対策協議会へ委託し在宅医療・介護連携の推進に取り組んでいます。その取組の一環として、広島県、広島県地域保健対策協議会と連携して人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)の普及・啓発に取り組んでいます。

ACP専門職向け標準教材(広島市版)

1.ACP専門職向け標準教材について

広島市連合地区地域保健対策協議会では、医療・介護の現場で従事される専門職を対象とした研修会等で活用ができる『ACP専門職向け標準教材(広島市版)』を作成しました。

この教材は、医療・介護関係者等の専門職がACPを実践するに当たって、困難性を感じる場面を想定し、その考え方や対処方法についてQ&A方式でまとめたものです。

【ダウンロード】

(広島市連合地区地域保健対策協議会作成)

ACP専門職向け標準教材(広島市版)※サンプルデータのみ [PDFファイル/481KB]

 

2.その他の教材について

1の教材の活用方法としては、広島県地域保健対策協議会が作成した『ACPの手引き』やACPの概要などの基本的な内容を説明するためのツールである『ACP手引き(説明ツール)』と併せて使用していただくことを想定しています。

【ダウンロード】

(広島県地域保健対策協議会作成)

ACPの手引き(説明ツール)※サンプルデータのみ [PDFファイル/6.3MB]

ACPの手引き [PDFファイル/1.82MB]

ACPの手引き(説明版) [PDFファイル/293KB] [PDFファイル/293KB]

私の心づもり [PDFファイル/684KB]

 

3.ACP専門職向け標準教材の研修会等での使用・引用等について

『ACP専門職向け標準教材』について、研修会等での使用や資料の引用を希望される場合は、以下の申請フォームから申請を行ってください。使用・引用の可否は、改めて御連絡いたします。

広島県地域保健対策協議会が作成した『ACP(手引き)説明ツール』、『ACPの手引き』、『ACPの手引き(説明版)』、『私の心づもり』についても、使用や資料の引用を希望される場合は、上記とあわせて申請することができます。

なお、広島県外の方で、『ACPの手引き』、『ACPの手引き(説明版)』、『私の心づもり』がセットになったリーフレット等の印刷物の提供を希望される場合は、実費(1部25円)を御負担いただく場合があります。詳細については、以下のリンク先にある広島県地域保健対策協議会のホームページを御確認ください。

 

申請フォーム

リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)