ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 国際交流課 > サラエボ市と「交流・連携都市宣言」を締結しました

本文

ページ番号:0000010649更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

サラエボ市と「交流・連携都市宣言」を締結しました

 平成29年(2017年)1月13日、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ市と「交流・連携都市宣言」を
締結しました。
 今後、同市と「平和」、「文化」、「環境」分野で、交流・連携を進めていきます。

地図

1 海外都市との「交流・連携都市宣言」の趣旨

 本市と関わりのある海外の都市と積極的に交流の拡大を図っていくため、双方合意のもと、平和や文化など特定の分野において、交流・連携を進めることを宣言し取組を進めることとしました。
 この度、第一弾としてボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ市と同宣言を行いました。

2 サラエボ市との「交流・連携都市宣言」

 平成28年1月、サラエボ市長から、本市との姉妹・友好都市提携の希望がありました。
 サラエボ市は、1990年代のボスニア紛争によって甚大な戦争の惨禍を経験し、復興に努めてきた都市であり、平和首長会議のリーダー都市にも就任しています。また、製造業などの産業についても本市と類似性があり、今後、平和を核として、文化や環境の分野でも交流・連携を進めていく可能性が期待できることから、「交流・連携都市宣言」を行い、両市の交流を進めていく方向で調整を行ってきました。
 この度、協議を終え、別紙のとおり1月13日に「交流・連携都市宣言」を締結しました。

ダウンロード

【別紙】交流・連携都市宣言(105KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)