ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 地域活性化調整部 コミュニティ再生課 > ひろしま八区ぐるっと散策「みち」めぐり 出雲石見街道

本文

ページ番号:0000127853更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

ひろしま八区ぐるっと散策「みち」めぐり 出雲石見街道

Web版
ひろしま八区ぐるっと散策「みち」めぐり三田往来へ古代山陽道へ西国街道へ出雲石見街道へ都志見往来へ街道路線図へ街道マップへ一般的な用語へトップへ以上
夢街道ルネサンスのホームページへ<外部リンク>
ひろしま歴史街道散策くらぶのホームページへ<外部リンク>
古路・古道歴史散策のホームページへ<外部リンク>

出雲石見街道
西国街道に沿う堺町から北に分岐し、太田川・古川沿いに延び可部宿に至ります。
さらに可部から根之谷川に沿い上根峠・吉田・三次を通り、赤名越から出雲大社に向かう道と、南原川から可部峠・本地・中山から石見大森銀山に向かう道が分岐していました。
幅員は7尺(2m強)で代々の藩主により整備され、萩藩では祖元就の墓参のために利用され、吉田往還とも呼ばれました。

 

中世遺跡の宝庫
平安末期に平家が滅びると、関東武士が守護や地頭として安芸国に配置されました。
守護には甲斐国から武田氏が入り、武田銀山城を基に祇園地区を支配しました。
三入荘の地頭には、武蔵国から熊谷氏が入り、高松山城に移り可部地区を支配しました。
八木地区の香川氏や川の内衆と呼ばれる水軍も活躍し、街道沿いには、今なお多くの中世武士の史跡が点在しています。

 

折り目を中心とした町屋群酒蔵,醤油蔵の建ち並ぶ街道筋

 

 

 

 

酒蔵,醤油蔵の建ち並ぶ街道筋折り目を中心とした町屋群

 

 

 

 


古市町並
近世には高宮郡に属し、古川(旧太田川)を挟んで、中筋・古市の東西二村で成立しました。
江戸時代から農民の七分方が扱苧(こぎそ)・績苧(うみそ)をもって生活し、麻糸・麻縄の生産で栄えました。
鎮守社の久保山神社や浄土真宗浄宗寺を基に、「麻の古市」の名は広く全国に知られました。

※苧(お・そ)は麻の古名。大麻の皮を剥ぎ、煮扱いで晒し、裂いて糸にし、麻糸や麻縄を生産していました。

近世から麻生産で賑わった町屋近世から麻生産で賑わった町屋

 

 

 

 


祇園町並
平安時代末期には厳島神社領荘園の倉敷地となり、中世に武田氏により銀山城の東麓に、新羅・熊岡・日吉の各社や仏護寺(現在の広島別院)などが建てられました。
恵美須神社を中心に町屋が並び、西の裏通りは武田氏時代、東の裏通りは毛利氏時代のものです。近世には沼田郡に属し、北下安村の雲石路に沿って成立し、安神社の門前町として栄え、郡本(代官所在地)が置かれました。
八木用水敷設の棟梁桑原卯之助の墓所は勝想寺境内にあります。

旧沼田郡の中心地であった町筋旧沼田郡の中心地であった町筋

 

 

 

 

散策指南
各区で制作した散策ガイドマップには、歴史街道の一部が含まれています。

中区
「広島城下大絵図」各区が発行するマップ
「広島城北大絵図」
(中央公民館TEL082-221-5943)/活動団体:広島城下町案内衆

安佐南区
「あさみなみ散策マップ~祇園・山本ルート」
「あさみなみ散策マップ~祇園・長束/祇園・大町ルート」
「あさみなみ散策マップ~八木ルート/八木山の端ルート」
「あさみなみ散策マップ~緑井ルート/上八木ルート」
「あさみなみ散策マップ~古市ルート」
「あさみなみ散策マップ~毘沙門ルート」
(安佐南区役所地域起こし推進課TEL082-831-4926)
 /活動団体:武田山関連団体連絡会参加団体など

※活動団体は「みち」をテーマとしたイベントを主催するなどの活動を行っています。
※各区の公民館で活動する郷土史の会などの活動もあります。