ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 食品衛生 > 食品衛生に関すること > 食の安全トピックス > 新型コロナウイルスに関する情報 > 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の運用について

本文

ページ番号:0000157132更新日:2020年4月14日更新印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の運用について

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の運用について
(消費者庁、農林水産省、厚生労働省 令和2年4月10日) 

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が国内外の食料品のサプライチェーンに深刻な影響を及ぼしつつあることを受け、一般消費者の需要に即した食品の生産体制を確保する観点から、健康被害を防止することが重要なアレルギー表示や消費期限等を除き、食品表示基準の規定を弾力的に運用する。

今回の運用は食品の生産及び流通の円滑化を図るために講じるものであり、消費者を欺瞞(ぎまん)するような悪質な違反に対しては、これまでどおり厳正な取締りを行う。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用について<外部リンク>(消費者庁ホームページ)

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 食品保健課、品指導課
電話:(食品保健課)082-241-7434、082-241-7437(食品指導課)082-241-7404/Fax:082-241-2567(共通)