ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 入札・契約情報 > 関係規程 > 関係規程 > 建設工事の競争入札に関する要綱等の一覧 > (工事)入札の手続等に関すること > 建設工事等の入札公告後における設計図書の錯誤や違算などが判明した場合の入札中止について

本文

ページ番号:0000007937更新日:2015年12月25日更新印刷ページ表示

建設工事等の入札公告後における設計図書の錯誤や違算などが判明した場合の入札中止について

平成27年12月25日
広島市財政局契約部工事契約課

本市では、建設工事及び建設コンサルタント業務等の発注において、入札公告後、設計図書の錯誤や違算などが判明した場合は、金額の多寡にかかわらず、該当する案件については全てを直ちに中止する取扱いとしていますが、その一部について、次のとおり取扱いを変更します。

変更内容

開札後に違算等が判明した場合で、当該違算等がなく正当な予定価格においても落札者に変更がないときは、入札手続を継続します。

なお、原則として入札手続を中止するという取扱いに変更はありません。

適用時期

平成28年1月1日以降に公告を行うものから適用します。

取扱いイメージ

keizokubann

tyuushibann

取扱いの変更に係る入札関係様式

建設工事

建設コンサルタント業務等

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


工事・建設コンサルに関する監督・検査等の規定