ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 介護保険 > 保険料 > 年度途中で65歳になったのですが、国民健康保険で介護分の保険料を支払っているのに、介護保険の保険料納付書が送られてきました。保険料の二重払いでは?

本文

ページ番号:0000002321更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

年度途中で65歳になったのですが、国民健康保険で介護分の保険料を支払っているのに、介護保険の保険料納付書が送られてきました。保険料の二重払いでは?

 65歳になった年度は、国民健康保険の介護分の保険料と介護保険の保険料をそれぞれ納めますが、二重払いにならないよう調整されています。
 国民健康保険の介護分の保険料は、誕生月の前月までの保険料を計算し、1年間を通じて納期ごとに振り分けます。介護保険の保険料は、誕生月からの保険料を計算し、誕生月の翌月から年度末までの納期ごとに振り分けます。誕生月を基にそれぞれ保険料を計算しますから、納期の重複はありますが、保険料の二重払いではありません。