ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000113739更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

ひろしま介護マイスター

介護技術・知識に秀でたプロ 「ひろしま介護マイスター」をご存じですか?

00

 

 ひろしま介護マイスターとは、介護技術・知識が豊富で、職場内でリーダーシップを発揮する優秀な介護職員のことです。

 広島市では、国の「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」に基づき、レベル4の認定を受けた介護職員及び評価者(アセッサー)の資格を取得した介護職員を「ひろしま介護マイスター」として認定しています。

 ひろしま介護マイスターを養成した事業所の一覧をホームページに掲載しております。
 ご自身やそのご家族が、利用する介護サービス施設・事業所を決める際の参考としてご活用ください。

ひろしま介護マイスター養成事業所一覧
(遷移先のページ下部をご覧ください)

※ ・ 一覧は毎月更新しています。
   ・ 認定時点で所属する介護事業所を掲載しておりますので、
    現時点での所属状況とは異なる場合があります。
    

00 

 

 ※「介護プロッショナルキャリア段位制度」とは

 介護施設・事業所ごとにバラバラに行われている職業能力評価に対して、「キャリア段位制度」という共通のものさしを導入し、介護職員の介護スキルアップを目指すものです。
 
 介護福祉士等の保有資格の有無(知識)のほか、「現場で実際に何が出来るか」(実践的スキル)を評価します。

★「レベル4」→1人前の仕事が出来ることに加え、チーム内でリーダーシップを発揮することが出来る。

★「評価者(アセッサー)」→事業所・施設内において介護職員のキャリア・アップを推進・支援していく役割を担う。
   

「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」の公式サイト<外部リンク>

 

01

  

01

ひろしま介護マイスター ロゴマーク

ひろしま介護マイスターの頭文字の「H」と「M」を合わせたデザインを2色で構成し、人が人を支える介護を意味しています。
平成28年1月 公募により最優秀作品に選出されたものです

関連情報(事業者向け)