ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答(個人市民税・県民税(住民税)) > 所得割 > 所得控除 > 個人の市民税・県民税(住民税)の配偶者特別控除について、知りたいのですが。(FAQID-9999)

本文

ページ番号:0000001930更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

個人の市民税・県民税(住民税)の配偶者特別控除について、知りたいのですが。(FAQID-9999)

対象

 本人と生計を一にする配偶者のうち、前年の合計所得金額が38万円超123万円以下(給与収入所得者の場合、年収103万円超201万6千円未満)の人が、個人住民税の配偶者特別控除の対象になります。
 なお、本人の所得金額が1,000万円超(給与所得者の場合、年収1,220万円超)の場合には、配偶者の所得金額に関係なく、個人住民税の配偶者特別控除の適用を受けることはできません。

控除額

 個人住民税の配偶者特別控除の控除額は、最高33万円で、配偶者や納税者本人の所得金額が多くなるにしたがって少なくなります。

※ 配偶者控除額及び配偶者特別控除額の詳細については「個人市民税の課税のしくみ - 所得控除(所得から差し引かれるもの) - 配偶者控除、配偶者特別控除」をご覧ください。

お問い合わせ先

関連情報