ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000149004更新日:2020年4月8日更新印刷ページ表示

広島市大規模雨水処理施設整備事業計画

 平成31年度末に、国土交通省において、個別補助制度として「大規模雨水処理施設整備事業」が創設されました。


 旭町地区をはじめとする本市の中心市街地及びその周辺では、昭和26年から下水道の整備を行っており、昭和39年に供用を開始した旭町ポンプ場などの雨水処理施設について老朽化が進行しています。これらの施設について適切な機能確保を図り浸水被害を防止するため、以下の5地区において大規模雨水処理施設整備事業計画を策定し、集中的に雨水処理施設の改築を実施します。

  • 計画名 : 広島市旭町地区ほか大規模雨水処理施設整備事業計画
  • 策定日 : 令和2年4月1日
  • 対象地区 : 旭町地区、大州地区、観音地区、庚午地区、温品地区、西部臨海地区
  • 主な施策 : 対象地区に設置されている雨水処理施設の改築
  • 実施期間 : 令和2年度から令和6年度まで
  • 計画書 : 広島市旭町地区ほか大規模雨水処理施設整備事業計画 [PDFファイル/1.67MB]

 

 本市の浸水対策事業は、都市機能が集積している中心市街地(デルタ地区)を対象に、10年に1回降るような大雨に対応できるよう、段階的に施設整備を行っています。このうち、三篠・観音地区について、年に複数回の浸水被害が発生するなど、浸水常襲地区となっていることから、大規模雨水処理施設整備事業計画を策定し、施設整備に着手します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)