ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 区役所 > 安芸区役所 > 安芸区役所 > まちづくり > 市民が親しむ豊かな絵下山 > 動画を見ながら☆彡絵下山の魅力を知ろう! 

本文

ページ番号:0000237089更新日:2021年8月23日更新印刷ページ表示

動画を見ながら☆彡絵下山の魅力を知ろう! 

安芸区の豊かな自然スポットの一つとして絵下山があります。みなさんは絵下山のことをどのくらいご存じでしょうか?ぜひこのページや動画をご覧いただき、絵下山の魅力を知ってください!

まずは、動画で知ろう!!

 絵下山の魅力やふもとから絵下山頂上広場までの道のりなどを以下の動画でも紹介しています!

 ドローンによる空撮映像などもありますので、ぜひご覧になってください!

 

絵下山について

安芸区の魅力資源のひとつである絵下山は、広島市安芸区矢野地区に位置する標高593mの山で、

山頂付近の絵下山頂上広場には展望台・休憩所が設けられており、広島市内や広島湾の島々を見渡せる

展望スポットとしても有名です。ふもとから絵下山頂上広場までは車でアクセスすることもできるので、

気軽にその眺望を楽しめます。

また、山頂へ向かうためのルートも沢山あるため、

レベルに合わせた登山の練習ができると多くの方に親しまれています。

8

絵下山の魅力

その1 自然に触れよう!

絵下山は歩きやすい場所でも、季節ごとの豊かな自然を感じることができます。

代わる代わる迎えてくれる鳥や虫、花や木の葉の移り変わり。

ここでは、ほんの一部ですが、季節ごとに絵下山で撮影された生き物を写真で紹介します。

 

【春】

ヒメヤマツツジ

・ヒメヤマツツジ

ミヤマガマズミ

・ミヤマガマズミ

ギフチョウ

・ギフチョウ

ウソ

・ウソ

【夏】

ヒグラシ

・ヒグラシ

サンショウウオ

・ブチサンショウウオ(幼生)

ムカシヤンマ

・ムカシヤンマ(産卵)

ミヤマクワガタ

・ミヤマクワガタ

【秋】

アケボノソウ

・アケボノソウ

イロハモミジ

・イロハモミジ

コウヤボウキ

・コウヤボウキ

ノギジク

・ノギジク

【冬】

タマミヅキ

・タマミヅキ

キミノタマミズキ

・キミノタマミヅキ

ルリビタキ

・ルリビタキ(メス)

コゲラ

・コゲラ

その2 景色を見よう!

 絵下山には、広場や各所に建てられている東屋など景色を見ながら休憩できる場所があります。

 昼は島の市街地や広島湾の島々を一望できる展望スポットとして、夜は夜景スポットとしても有名です。

 あなたの一番の景色を見つけてみてください。

【絵下山頂上広場からの景色】

1 2

3 4

その3 山歩きを楽しもう!

絵下山山頂へは、地元矢野地区や熊野・焼山・坂方面からの登山ルートがあります。

さらに、中国自然歩道の一部になっているので、多くのハイカーや登山者に親しまれています。

山頂にはテレビ塔がありますので、遠くから絵下山を確認することができます。

登山の難易度として様々なルートがありますので、色々歩いていただき、

ぜひお気に入りのルートを見つけてください!

 

登山整備ボランティア「あきく魅力探見隊」と連携して、

よく利用される登山道を紹介したマップを作成していますので、利用してください。

5

ダウンロード [PDFファイル/1.13MB]

【注意】

こちらの地図は平成30年(2018年)7月豪雨災害発生以前に作成したものです。

参考までにお使いください。

災害復旧工事を行っている箇所や注意を払う必要がある場所もあります。

みなさまゆとりのある登山を心がけてください。

また、以下の点にもご気を付けください。

●登山する際にはこの地図だけでなくほかにも十分に下調べをしてください。

●コースには倒木や下草などにより歩きにくいところがありますので、足回りに十分注意してください。

また、季節によっては、マムシや蜂、マダニなどにも十分注意してください。

●服装は長袖・長ズボンが基本です。

山の天気は変わりやすいので雨がっぱや防寒着などの用意をお願いします。

●コースに水場はありません。水筒の用意をお願いします。

●所要時間はあくまでも参考としてください。

詳しいページはこちらです!

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


生活情報

各種証明書等の取得方法はこちら

区長メッセージ

イベントカレンダー

広報ひろしま

公式Facebook<外部リンク>