ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2022年 > 4月 > 白木秋山から3万年前の大噴火が見えてきた!

本文

ページ番号:0000277463更新日:2022年4月20日更新印刷ページ表示

白木秋山から3万年前の大噴火が見えてきた!

ヘッダー画像

令和4年(2022年)4月20日(水)

安佐北区地域起こし推進課

課長:森沢 寿幸

電話:819-3961

内線:86-230

 

白木秋山から3万年前の大噴火が見えてきた!

広島市安佐北区白木町で発見された姶良Tn火山灰層現地見学会を実施します。

 

 約3万年前、九州南部で大規模カルデラ噴火(姶良火砕噴火)が発生し、北海道を除く日本列島全体に火山灰が降り注ぎました。火山灰自体は日本全国で発見されていますが、この白木町秋山で発見された火山灰は、火山豆石などが含まれているなど学術的に大変貴重なものと判明しました。5月10日の地質の日を記念して、広く一般市民の方を対象とした現地見学会を開催しますので、お申し込みのうえご参加ください。

 

 

1 実施時期  令和4年5月1日(日)

2 時  間  10時00分~

3 場  所  白木町秋山三篠川河川敷

 定  員  50名(要予約)

 参  加  費  無料

※詳細は別添チラシをご参照下さい。

現地見学会チラシ(5/1) [PDFファイル/1.39MB]

フッター画像