ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 環境局 > 環境局 業務部 業務第一課 > 植木せん定枝リサイクルセンターの概要(令和4年3月31日廃止予定)

本文

ページ番号:0000013330更新日:2021年9月10日更新印刷ページ表示

植木せん定枝リサイクルセンターの概要(令和4年3月31日廃止予定)

 広島市では、可燃ゴミを減量するため、公園・街路樹、庭木などの植木せん定枝を再生処理し、土壌改良材などにリサイクルしています。

 

【施設廃止のお知らせ】

令和4年3月31日をもって、同センターを廃止することといたしました。

土壌改良材やマルチング材の提供は、同日までとなります。

また、せん定枝の受け入れは令和3年11月30日までとなりますのでご注意下さい。

受け入れの終了後は、中工場、南工場、安佐南工場(焼却施設)へ搬入をお願いします。その際は、長さをおおむね50cm以下に切り、束ねて出してください。(直径が生木で5cm以下、乾燥木で10cm以下のものに限ります。)

市民の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【終了後の受け入れ場所】

 ・中工場 中区南吉島一丁目5-1 082-249-8517

 ・南工場 南区東雲三丁目17-1 082-285-6690

 ・安佐南工場(焼却施設) 安佐南区伴北四丁目3990 082-848-1114

施設名

広島市植木せん定枝リサイクルセンター
(電話:082-838-2346 Fax:082-838-2346)

所在地

位置図安佐北区安佐町筒瀬 玖谷埋立地内

搬入時間

  • 1月~4月、8月、12月
    午前8時30分~午後4時
  • 5月~7月、9月~11月
    午前8時30分~午後7時

 (土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、8月6日、年末年始を除く。)

搬入者

 造園業者、一般廃棄物処理業者、市民など自ら搬入する者

 

[新型コロナウイルス感染症拡大防止のための家庭ごみ自己搬入の自粛についてのお願い]

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年8月3日から当面の間、処分を急がないせん定枝の持ち込みは、可能な限りお控えいただきますようご協力をお願いいたします。

 市民の皆様におかれましては、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

搬入できるもの

 事業所、公園、家庭から排出された植木せん定枝

  • 長さ 2m以下
  • 直径 10cm以下

 (造成工事等から発生する伐採材は、産業廃棄物に該当するため、搬入できません。)

搬入できないもの

 竹、笹、ソテツ、シュロ、ヤツデ、腐ったり枯れたせん定枝、草、わら、つる、苗、根株、ビン、缶、プラスチック類

再生処理手数料

 71円/10kgまでごと(消費税含む。10円未満切り捨て)
 家庭で自らせん定したせん定枝を自ら搬入する場合は無料です。

注意事項

  • 同センターへの搬出入は、県道下佐東線を通行してください。
    (安佐南区上安、安東地区からの搬入はできません。)
  • 搬入時には、飛散、落下を防止するため、シート掛けを徹底してください。
  • 同センターが開場している時間内は、植木せん定枝のリサイクルの促進のため、清掃工場への搬入はご遠慮ください。
    (清掃工場へ搬入する場合は、長さが50cm以下で、乾燥木の場合 直径10cm以下、生木の場合 直径5cm以下となります。)

処理状況

破砕機へ投入
不適物を取り除いたせん定枝を破砕機へ投入します。

土壌改良材熟成
破砕後、土壌改良材は、野積場で約7ヵ月間熟成します。

処理フロー
土壌改良材やマルチング材で再利用します。

このページに関するお問い合わせ先

環境局業務部業務第一課
電話:504-2219/Fax:504-2229