ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 スタジアム建設部 > 中央公園サッカースタジアム(仮称)の整備手法について

本文

ページ番号:0000172274更新日:2020年7月22日更新印刷ページ表示

中央公園サッカースタジアム(仮称)の整備手法について

 「中央公園サッカースタジアム(仮称)基本計画」(令和2年3月)において、検討項目となっていた整備手法について、下記のとおり進めることとしましたのでお知らせします。

1 サッカースタジアムの整備手法について

 DB(デザイン・ビルド)方式とします。

2 広場エリア(にぎわい施設)の整備手法について

 Park-PFI方式とします。

3 サッカースタジアムと広場エリア(にぎわい施設)の事業者選定について

 サッカースタジアムの事業者選定を行った後に、広場エリア(にぎわい施設)の事業者選定を行います。

参考

 中央公園広場の整備に向けてゾーニングイメージ案を作成しましたのでご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)