ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 財政局 > 財政局 契約部 物品契約課 > 広島市電子調達システム利用端末の環境設定について

本文

ページ番号:0000001601更新日:2020年4月20日更新印刷ページ表示

広島市電子調達システム利用端末の環境設定について

広島市電子調達システム(広島市の電子入札システム、調達情報公開システム、業者登録受付システムの総称です。)の利用に当たっては、下記により、利用端末の環境設定を行ってください。
(電子入札に参加する場合は、ICカードの購入など電子入札を行うための事前準備が必要です。)

  1. 広島市電子調達システムのアドレスを「ポップアップブロックを許可するサイトに登録」してください。
  2. 広島市電子調達システムのアドレスを「信頼済みサイトに登録」してください。
  3. ウィンドウのタイトルバーにアドレスが表示される場合、「セキュリティの設定を変更」してください。
  4. ファイルのダウンロード時にブロックされる場合、「セキュリティの設を変更」してください。
  5. Internet Explorerの「セキュリティの設定を変更」してください。

上記の設定終了後は、必ずパソコンを再起動してください。

環境設定の方法について

(1)広島市電子調達システムのアドレスを「ポップアップブロックを許可するサイト」に登録する方法

ア Internet Explorer の「ツール」メニューから「ポップアップ ブロック」、「ポップアップ ブロックの設定」と順にクリックします。
Internet Explorer の「ツール」メニューから「ポップアップ ブロック」、「ポップアップ ブロックの設定」と順にクリックしますの画像

イ 「ポップアップブロックの設定」画面の「許可するwebサイトのアドレス」欄に次のアドレスを入力し、「追加」ボタンをクリックします。

*.keiyaku.city.hiroshima.lg.jp
ポップアップブロックの設定画面

ウ 「許可されたサイト」欄に前記イで入力したアドレスが表示されていることを確認し、「閉じる」ボタンをクリックします。
ポップアップブロックの設定画面

以上で「ポップアップブロックを許可するサイト」への登録作業は完了です。

(2)広島市電子調達システムのアドレスを「信頼済みサイト」に登録する方法

ア Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックします。
Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックしますの画像

イ 「インターネットのプロパティ」画面(画面名は「インターネットオプション」と表示される場合もあります。)で「セキュリティ」タブを選択し、「信頼済みサイト」をクリックし、「サイト」ボタンをクリックします。
インターネットのプロパティ設定画面

ウ 「信頼済みサイト」画面の「このWebサイドをゾーンの追加する」欄に次のアドレスを入力し、「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」のチェックを外し、「追加」ボタンをクリックします。

*.keiyaku.city.hiroshima.lg.jp
信頼済みサイト設定画面

エ 「Webサイト」欄に前記ウで入力したアドレスが設定されていることを確認し、「閉じる」ボタンをクリックします。
信頼済みサイトの設定画面

オ 「インターネットのプロパティ」画面(画面名は「インターネットオプション」と表示される場合もあります。)の「OK」ボタンをクリックします。
インターネットのプロパティ設定画面

以上で「信頼済みサイト」への登録作業は完了です。

(3)ウィンドウのタイトルバーにアドレスが表示される場合の「セキュリティの設定」の変更方法

ア Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックします。
Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックしますの画像

イ 「インターネットオプション」画面(画面名は「インターネットのプロパティ」と表示される場合もあります。)の「セキュリティ」タブを選択し、「信頼済みサイト」をクリックし、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。
インターネットオプションのセキュリティ設定画面

ウ 「セキュリティ設定」画面が表示されたら、画面を下へスクロールします。
セキュリティ設定画面

エ 「Web サイトがアドレスバーやステータスのないウィンドウを開くのを許可する」の「有効にする」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
セキュリティ設定画面

オ 「インターネットオプション」画面(画面名は「インターネットのプロパティ」と表示される場合もあります。)の「OK」ボタンをクリックします。
インターネットオプション設定画面

以上でウィンドウのタイトルバーにアドレスが表示される場合の「セキュリティの設定」の変更作業は完了です。

(4)ファイルのダウンロード時にブロックされる場合の「セキュリティの設定」の変更方法

ア Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックします。
Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックしますの画像

イ 「インターネットオプション」画面(画面名は「インターネットのプロパティ」と表示される場合もあります。)の「セキュリティ」タブを選択し、「信頼済みサイト」をクリックし、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。
インターネットオプションのセキュリティ設定画面

ウ 「セキュリティ設定」画面が表示されたら、画面を下へスクロールします。
セキュリティ設定画面

エ 「サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する」の「有効にする」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
セキュリティ設定画面

オ 「インターネットオプション」画面(画面名は「インターネットのプロパティ」と表示される場合もあります。)の「OK」ボタンをクリックします。
インターネットオプション設定画面

以上でファイルのダウンロード時にブロックされる場合の「セキュリティの設定」の変更作業は完了です。

(5)Internet Explorer の「セキュリティ設定を変更」する方法

ア Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックします。
 Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリックしますの画像

イ 「インターネットオプション」画面(画面名は「インターネットのプロパティ」と表示される場合もあります。)の「セキュリティ」タブを選択し、「インターネット」をクリックし、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。
インターネットオプション画面

ウ 「セキュリティ設定」画面が表示されたら、画面を下へスクロールし、セキュリティ設定「サーバーにファイルをアップロードするときにローカルディレクトリのパスを含める」を「有効にする」にして「OK」ボタンをクリックします。
セキュリティ設定画面

エ 「インターネットオプション」画面(画面名は「インターネットのプロパティ」と表示される場合もあります。)の「OK」ボタンをクリックします。
インターネットオプション画面

以上で Internet Explorer の「セキュリティ設定を変更」する作業は完了です。


広島市電子調達システムポータルサイトに戻る