ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 経済観光局 > 経済観光局 産業振興部 ものづくり支援課 > 令和4年度 多面的企業力向上研修会のご案内

本文

ページ番号:0000209320更新日:2022年4月25日更新印刷ページ表示

令和4年度 多面的企業力向上研修会のご案内

 広島市では、広島広域都市圏発展ビジョンに基づき、圏域の基盤産業であるものづくり産業の強化に取り組んでいます。
 
 本市では、「多面的企業力向上研修会」を設置し、自動車関連産業、造船業、木材加工業、食品製造業等のものづくり企業が専門知識を持つディレクターのアドバイスの下、脱炭素化・電動化や生産技術力強化に向けた個別活動や参加企業のグループによる勉強会を行っています。
 今回、令和4年度に「多面的企業力向上研修会」に参加し、脱炭素化・電動化や生産技術力強化・収益改善等に意欲のある企業を募集します。

※ 本公募は、令和4年度予算成立を前提として実施するものであり、事業開始は令和4年度になります。また、今後内容等が変更になることもありますので、あらかじめご了承ください。

1 事業内容

 本事業は、広島広域都市圏(※1)内の自動車関連産業、造船業、木材加工業、食品製造業等のものづくり企業(※2)が抱える課題解決に取り組むことで、脱炭素化・電動化や生産技術力の強化を図るとともに、将来的に提案型企業を目指す力をつけることを目的としています。

(※1)広島広域都市圏
広島県:広島市、呉市、竹原市、三原市、三次市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町
山口県:岩国市、柳井市、周防大島町、和木町、上関町、田布施町、平生町
島根県:浜田市、美郷町、邑南町

(※2)従業員規模20~300人程度を想定

2 募集対象者

 広島広域都市圏に主たる事業所を有するものづくり企業10社。経営者や今後の経営を担う予定の若手幹部等が年間を通して活動に参加できる必要があります。

  なお、本事業の対象者は、従業員規模が20人から300人程度の企業を想定していますが、当該企業規模に当てはまらない企業を除外するものではありません。

3 支援内容

(1) 個別企業への支援(1~2ヶ月に1回程度)

       ディレクターが、個々の企業が以下の活動を実施するための支援を行います。

      現状分析 → 課題の設定 →   短期的課題解決・改善活動
                    中長期的課題への着手   

(2) グループ(参加企業全体)への支援

       ディレクターが、脱炭素化・電動化に伴うグループに共通する課題の解決に向けて、勉強会の開催や、先進ものづくり企業への視察、意見交換等のコーディネートを行います。

 なお、本事業は現場改善など多面的に企業の生産性を向上したい企業を募集しています。ITを導入して生産性を向上したい企業については、本市が別に募集を行っております「IT導入支援アドバイザー派遣事業」への応募をご検討ください。

 「IT導入支援アドバイザー派遣事業」募集ホームページはこちら

4 費用

 ディレクターによる支援や勉強会等への参加は無料です。

 ただし、勉強会や先進ものづくり企業への視察のための旅費については、自己負担となります。

5 申込みの手続き

 「多面的企業力向上研修会」参加申込書を記入の上、「7 申込先・問合せ先」に記載する申込先へメール又はFAXで提出してください(募集企業数10社になり次第締め切りとさせていただきます)。

 参加申込書は下記「8 ダウンロード」の(3)からダウンロードできます。

6 参加企業の決定

 申込書受理後、参加企業を決定します。

 応募多数の場合、申込順で決定します。なお、応募のあった企業の主たる事業所の所在地が特定の市町に集中した場合や応募のあった企業の課題の内容が本事業の委託先において助言及び指導できない場合は、調整することがあります。

7 申込先・問合せ先

〒730-8586
 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号
 広島市経済観光局産業振興部ものづくり支援課 下田
 Tel(082)504-2238  Fax(082)504-2259
 E-mail:monozukuri@city.hiroshima.lg.jp

8 ダウンロード

(1) 「多面的企業力向上研修会」参加企業募集のご案内 [PDFファイル/680KB]

(2) 「多面的企業力向上研修会」参加企業【募集要項】 [PDFファイル/333KB]

(3) 「多面的企業力向上研修会」【参加申込書】 [Wordファイル/22KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)