ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 食品衛生 > 食品衛生に関すること > 飲食店での新型コロナウイルス感染症予防策の推進について

本文

ページ番号:0000161079更新日:2020年5月28日更新印刷ページ表示

飲食店での新型コロナウイルス感染症予防策の推進について

 広島県では、新型コロナウイルス感染症まん延防止のため、4月22日から施設の使用制限等の緊急事態措置への協力要請が行われていましたが、5月22日に使用制限等への協力要請が解除されました。

 新型コロナウイルス感染症予防策を推進することが、県民の安全と健康確保、並びに経済活動の維持の観点から大変重要であることから、今回、広島県が飲食店での新型コロナウイルス感染症予防策の検討を支援するために、「広島県新型コロナウイルス感染症に対する安全対策シート」(飲食店版)を作成しましたのでお知らせします。

「広島県新型コロナウイルス感染症に対する安全対策シート」(飲食店版) [Wordファイル/36KB]

 

 同シートを活用して、各店の実情にあった新型コロナウイルス感染症予防策を策定し自主的な取り組みを広島県に宣言した事業者には、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」の宣言書が発行されます。

詳しくは「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」について<外部リンク>(広島県ホームページ)をご覧ください。

「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」とは
新型コロナウイルス感染症の影響により新しい生活様式が求められている中、県民が安心して飲食店を利用できるよう、飲食店で自主的に実施している感染症予防策を県民に分かりやすく伝えることを目的とした制度です。

※この取組は、店舗による自主的な感染症予防策を「見える化」し、県民のみなさまが安心して店舗を利用できる環境をつくることが目的であり、広島県が店舗による感染症予防策を認証等する制度ではありません。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 食品保健課、食品指導課
電話:(食品保健課)082-241-7434、(食品指導課)082-241-7404/Fax:082-241-2567(共通)