ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 高齢者福祉 > 高齢・福祉 > 意識啓発その他 > 高齢者福祉の増進に寄与する事業の後援名義使用について

本文

ページ番号:0000006124更新日:2019年10月20日更新印刷ページ表示

高齢者福祉の増進に寄与する事業の後援名義使用について

市民団体・社会福祉法人等が開催する事業(行事)に「広島市」の後援名義を使用する場合は、申請が必要です。
事業(行事)が下記の要件に該当するものであるかどうかご確認のうえ、申請してください。

 

後援の要件

 次の全ての要件に該当すること。

 ・事業の主催者団体がア又はイの団体に該当すること。

   ア 国、若しくは地方公共団体、公益法人、報道機関その他公共性のある団体

   イ ア以外の団体で、その所在地、組織及び運営方針が明確であるもの

 ・広く市民一般に公開され、高齢者福祉の増進に寄与するものであること。

 

 ただし、次のいずれかに該当する事業に対しては、後援できません。

  1. 営利目的、政治目的又は宗教目的と認められる事業
  2. 主催者が政治団体又は宗教団体である事業
  3. 公の秩序又は善良な風俗に反すると認められる事業
  4. 本市の高齢者施策との関係で、後援することが適当でないと認められる事業
  5. その他本市が後援をすることが適当でないと認められる事業

 

≪お願い≫

初めて申請する場合は、事前に健康福祉局高齢福祉課(電話082-504-2143)に必ず電話で相談をしてください。

後援名義使用申請の手続きの流れ

  1. 後援名義使用申請書をダウンロードにより入手します。
    (広島市役所健康福祉局高齢福祉課でも配布しています。)
  2. 後援名義使用申請書に必要事項を記入し、添付書類とともに申請します。
    健康福祉局高齢福祉課に郵送または持参してください。
    * 新規申請にあっては、団体の規約・役員名簿・事業の企画書・予算書等を添付してください。
    * 過去5年以内に後援している場合は、前回後援した事業の実施要領、プログラム等参考資料を添付してください。
    * 入場料を徴収する事業は予算書を必ず添付してください。
    * 申請書には、連絡先を明記の上、84円切手を貼った返信用封筒を添付してください。
  3. 申請書提出後、審査の上、承諾した場合は後援承諾書を送付し通知します。
  4. 事業が終了した時は、事業終了報告書を記入し、必ず郵送または持参してください。

 なお、承諾を受けた団体等が、次のいずれかに該当するときは、後援を取り消します。

  1. 申請書等の内容に虚偽の事項があったとき
  2. 後援の要件を欠くことが判明したとき
  3. その他本市が後援することが適当でないと認められるとき

後援名義使用申請書提出先

広島市役所 健康福祉局高齢福祉課
住所:〒730-8586 広島市中区国泰寺町一丁目6番34号
*郵送の場合、「後援名義使用申請書在中」と記載してください。

ダウンロード