ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000002068更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

これから購入する土地の税金がどのくらいになるのか知りたいのですが。(FAQID-9999)

 住宅用地や商業地等(店舗・工場の敷地、駐車場など)の場合、一般的には次の方法で計算した額を目安にすることができます。

 固定資産税・都市計画税の税額は、固定資産の価格を基に計算します。
 固定資産の価格は、路線価に、個々の土地の形状、その他の状況に応じた補正を行って、1平方メートル当たりの価格を求め、これに地積(面積)を乗じたものになります。
 さらに、地価が下落した場合は、下落状況に応じた修正をすることになっています。
 税額は、原則、固定資産の価格に、税率(固定資産税1.4%、都市計画税0.3%)を乗じたものになります。

※路線価及び当該年度までの地価の下落状況は、【市税事務所土地係、税務室】及び【市役所財政局税務部固定資産税課土地係】でご覧になれます。

 また、住宅用地に対する軽減措置(関連質問【住宅用地とその特例】を参照してください。)や、商業地等の負担水準の引下げ措置(価格×70/100×税率で求めた額が上限になります。)などの措置が設けられています。

 詳しくは【市税事務所土地係】又は【市役所財政局税務部固定資産税課土地係】へお問い合わせください。

 市税以外のものでは、不動産の取得に対してかかる不動産取得税(県税)、登記をするときにかかる登録免許税(国税)があります。
 県税については、広島県庁<外部リンク>又は県税事務所<外部リンク>へ、国税については、法務局<外部リンク>へお問い合わせください。

お問い合わせ先

関連情報