ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000040837更新日:2021年3月5日更新印刷ページ表示

誓いの会

令和2年度 誓いの会

ナイチンゲール宣誓式とは、第一看護学科2年生が本格的な臨地実習の前に、「看護師になる」
という誓いを新たにするものです。

本来であれば6月に、保護者の方々や関係施設の来賓の方々のご臨席を賜り、
宣誓式を挙行する予定でしたが、延期となっていました。

今年度は、学生と教員だけで規模を縮小し、2月26日に誓いの会を行いました。

ナイチンゲール像から継承した灯を胸に、自分たちで考えた「誓いの言葉」を宣誓
しました。

 

 

『誓いの言葉』  

 ばら

 今年度は、新型コロナウィルス感染症が流行したことで臨地実習に行くことができませんでした。学内での実習が続き、臨床での経験がないまま3年生に進級するという不安があります。しかし、学内実習だったからこそ、基礎実習で受け持たせて頂いた患者様をはじめ、ご指導して頂いた看護師の方々、先生や27回生の仲間、そしていつも暖かく見守ってくれる家族のありがたさを実感することができました。この2年間の学びから今、一人一人が心の中に理想の看護師像を描いています。

 

          1G 誰からも信頼される看護師

          2G この人に看護してもらえて良かったなと思ってもらえる看護師

          3G 患者様の状態に合った適切な看護を提供できる看護師

          4G 周囲の人から必要とされる看護師

          5G その場の状況を判断しすぐに臨機応変に対応できる看護師

          6G 一人ひとりの思いや痛み辛さを理解しようと努められる看護師

          7G いつも全力で患者さんのために行動できる看護師

          8G 患者様を尊重し、寄り添うことができる看護師

          9G 新しい知識を習得するための努力を惜しまない看護師

          10G いつも周囲の人への気配り、笑顔を絶やさない看護師

 

 

 これから3年生に向けてそれぞれの思い描く、理想の看護師像に近づけるよう、常に向上心を持ち続けます。今日の誓いの会は看護師の道を歩むうえでの通過点であり、新たなスタートです。同じ夢を持った大切な仲間と協力し、励まし合いながら看護の道を歩んで行くことを誓います。

 

ばら2

 

全体の写真

 

 学生は、6月末から本格的な臨地実習が始まる予定でしたが、今年度は学内実習で日々悩みながらも看護師になる希望を胸に頑張って取り組みました。世の中が不安定な中で、学生も不安だったと思いますが、実習で学生各々が学びを深め成長しました。

 学内実習であっても、病に苦しんでいる方や様々なことに不安を抱える方に、寄り添い、必要な看護を模索しながら主体的に取り組んでいかなければなりません。まだまだ、初学者の学生たちにとって、決して楽な道のりではありません。

 誓いの会で誓った気持ちをいつまでも忘れず、「看護師になる」という夢を自らの手でつかみ取ってもらいたいと思います。

 

ろうそく