ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > これまでに寄せられた主なご意見とその回答 > 広島市職員のテレワーク(在宅勤務)について

本文

ページ番号:0000008394更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島市職員のテレワーク(在宅勤務)について

 広島市職員のテレワーク(在宅勤務)について、どのような制度か教えてください。

回答
 本市では職員の家庭生活の充実及び業務効率の向上等を図るため、平成22年7月に「広島市職員テレワーク実施要領」を定め、職員の勤務形態の一つとしてテレワーク(在宅勤務)を導入しました。
 テレワークの実施区分として、一定の頻度で継続的にテレワークを実施する「継続的実施」と、突発的な事情等に対応するために一時的(おおむね1週間以内)にテレワークを実施する「短期間実施」の二つを設けており、それぞれの申請要件は次のとおりです。

  1. 継続的実施
    テレワークの継続的な実施により家庭生活の充実や業務効率の改善が見込まれること
  2. 短期間実施
    急を要する子の看護等に対応するため、テレワーク実施の必要性があること

 上記要件を満たし、テレワークを希望する職員は、所属長の了承を得た上で人事課長に申請を行い、人事課長が実施者を決定しています。
 テレワーク実施者は、通常の勤務場所から離れて自宅で勤務することになりますが、勤務時間や職務専念義務はテレワークを実施しない職員と同じ扱いとなりますので、急を要する子の看護等は、通勤時間がないことで生じた余裕時間や休憩時間を活用したり、年次有給休暇を取得したりするなどして対応することになります。
 なお、テレワーク実施者の給与については、テレワークを実施しない職員と同様に取り扱います。ただし、通勤手当については、通常の勤務場所に出勤する回数によっては、減額する場合があります。
 また、テレワーク実施に伴う費用の負担についてですが、テレワーク実施者に貸与する携帯電話の通話料は本市が負担しますが、インターネット接続のための通信費用や配線等の工事代金等は個人負担としています。

このページに関するお問い合わせ先

企画総務局人事部人事課
電話:082-504-2050/Fax:082-504-2068
メールアドレス:jinji@city.hiroshima.lg.jp