ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 介護保険 > 保険料 > 介護保険料を納めないと、どうなるのですか

本文

ページ番号:0000002306更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

介護保険料を納めないと、どうなるのですか

 災害などの特別な事情がないのに、保険料の滞納が続く場合は、次のような措置がとられます。

  1. 滞納処分(財産の差し押さえなど)を受けることがあります。
  2. 給付制限を受けることがあります。
    1. 納付期限から1年間納付されない保険料があるときは、介護サービス費用をいったん全額自己負担し、後で申請により、保険者(広島市)から給付分の払い戻しを受けること(償還払い)になり、その期間が1年6か月になると、払い戻し額の全部または一部を、差し止められることなどがあります。
    2. 納付期限から2年以上納付されない保険料があるときは、その未納期間に応じて、サービス利用の自己負担が1割または2割から3割(平成30年8月からは自己負担が3割の方は4割)に引き上げられ、高額介護(介護予防)サービス費等が受けられない場合があります。