ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 介護保険 > 保険料 > 65歳になっても仕事を続ける場合、介護保険料はどのようにして納めることになるのでしょうか

本文

ページ番号:0000002290更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

65歳になっても仕事を続ける場合、介護保険料はどのようにして納めることになるのでしょうか

 65歳に達すると第1号被保険者となり、介護保険料は各市町村に納めていただくことになります。(65歳になられた月の分から)。
 第2号被保険者(40歳以上64歳以下)として、医療保険料に上乗せされていた介護保険料相当分は、65歳になられた月以降の分は、上乗せされなくなります。
 65歳になられた月の翌月に、広島市から保険料を通知します。
 65歳になられてすぐは、納付書払(もしくは口座振替)となりますが、年額18万円以上の年金を受給されている方は原則として概ね8か月後から年金天引きとなります。