ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000000350更新日:2020年10月21日更新印刷ページ表示

全数把握疾患報告数(2000~2020年)

広島市の全数把握疾患報告数

最新週(2020年第42週)の報告数

広島市の全数把握疾患報告数(最新週)

新型コロナウイルス感染症の発生状況は、以下の表のとおりです。
広島市における新型コロナウイルス感染症の発生状況(最新週)

2000年~2019年の累計報告数

2000年~2019年まで

2010年~2020年最新週まで

一類感染症(届出基準と届出様式)
  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
エボラ出血熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
クリミア・コンゴ出血熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
痘そう 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
南米出血熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ペスト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マールブルグ病 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ラッサ熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ニ類感染症(届出基準と届出様式)
  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
急性灰白髄炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
結核 228 252 280 195 196 148 154 141 142 150 105
ジフテリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
重症急性呼吸器症候群(SARS) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中東呼吸器症候群(MERS)(注) - - - - - 0 0 0 0 0 0
鳥インフルエンザ(H5N1) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
鳥インフルエンザ(H7N9)(注) - - - - - 0 0 0 0 0 0

(注)感染症法等の一部改正により、2015年1月21日から新たに追加されました。

三類感染症(届出基準と届出様式)
  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
コレラ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
細菌性赤痢 3 9 0 1 0 1 0 1 0 0 0
腸管出血性大腸菌感染症 46 29 14 22 9 14 14 17 9 18 21
腸チフス 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0
パラチフス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
四類感染症(届出基準と届出様式)
  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
E型肝炎 1 0 0 0 2 0 1 0 5 2 5
ウエストナイル熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
A型肝炎 4 1 9 11 18 10 3 3 1 8 1
エキノコックス症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
黄熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
オウム病 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0
オムスク出血熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
回帰熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
キャサヌル森林病 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Q熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
狂犬病 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
コクシジオイデス症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
サル痘 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ジカウイルス感染症(注4) - - - - - - 0 0 0 0 0
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(注3) - - - 0 0 5 2 0 0 1 3
腎症候性出血熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
西部ウマ脳炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ダニ媒介脳炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
炭疽 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
チクングニア熱(注2) - 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
つつが虫病 8 3 5 8 8 10 13 20 10 8 0
デング熱 2 1 1 2 1 3 9 3 2 5 1
東部ウマ脳炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
鳥インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1/H7N9)を除く) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ニパウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本紅斑熱 0 0 1 3 0 2 2 2 5 1 3
日本脳炎 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0
ハンタウイルス肺症候群 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Bウイルス病 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
鼻疽 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ブルセラ症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ベネズエラウマ脳炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘンドラウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
発しんチフス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ボツリヌス症(注1) 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マラリア 0 0 0 0 0 0 1 3 0 0 0
野兎病 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ライム病 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
リッサウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
リフトバレー熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
類鼻疽 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
レジオネラ症 7 7 7 9 23 12 20 23 39 29 14
レプトスピラ症 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0
ロッキー山紅斑熱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(注1)感染症法の一部改正(2003年11月5日施行)により、変更となりました。(法改正前のボツリヌス症:「乳児ボツリヌス症」として報告)
(注2)感染症法施行令等の一部改正により、2011年2月1日から新たに追加されました。
(注3)感染症法施行令の一部改正により、2013年3月4日から新たに追加されました。
(注4)感染症法施行令の一部改正により、2016年2月15日から新たに追加されました。

五類感染症(届出基準と届出様式)
  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
アメーバ赤痢 10 6 10 10 12 7 10 9 11 10 5
ウイルス性肝炎(注1) 6 9 7 11 6 7 5 1 6 9 2
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症(注5) - - - - 5 23 22 8 15 8 11
急性弛緩性麻痺(注7) - - - - - - - - 2 0 0
急性脳炎(注1) 10 9 10 0 5 6 10 4 5 18 7
クリプトスポリジウム症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
クロイツフェルト・ヤコブ病 4 1 0 5 4 1 3 1 4 4 2
劇症型溶血性レンサ球菌感染症 0 0 1 2 2 2 5 4 6 10 6
後天性免疫不全症候群 20 16 18 26 18 9 16 11 9 11 10
ジアルジア症 3 0 1 1 0 1 0 0 0 1 0
侵襲性インフルエンザ菌感染症(注3) - - - 0 0 0 1 0 2 3 2
侵襲性髄膜炎菌感染症(注3) - - - 1 0 0 0 0 0 1 0
侵襲性肺炎球菌感染症(注3) - - - 3 9 7 13 7 16 27 14
水痘(入院例に限る。)(注5) - - - - 0 2 2 0 2 3 0
先天性風しん症候群 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
梅毒 4 6 8 7 4 14 27 62 105 74 48
播種性クリプトコックス症(注5) - - - - 0 0 0 1 1 3 0
破傷風 1 2 2 1 0 1 3 0 2 0 1
バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
バンコマイシン耐性腸球菌感染症 0 1 1 0 1 0 0 0 1 1 5
百日咳(注6) - - - - - - - - 61 95 39
風しん(注2) 3 3 4 35 2 2 0 0 16 13 0
麻しん(注2) 5 14 4 1 2 0 0 0 0 6 0
薬剤耐性アシネトバクター感染症(注5) - - - - 0 1 0 0 0 0 0
髄膜炎菌性髄膜炎(注4) 0 0 0 0 - - - - - - -

(注1)感染症法の一部改正(2003年11月5日施行)により、変更となりました。(法改正前:ウイルス性肝炎は「急性ウイルス性肝炎(すべてのウイルスの型を含む)」、急性脳炎は「定点把握対象疾患」として報告)
(注2)感染症法施行規則の一部改正(2008年1月1日施行)により、定点把握疾患から全数把握疾患に変更になりました。
(注3)感染症法施行規則の一部改正により、2013年4月1日から新たに追加されました。
(注4)感染症法施行規則の一部改正(2013年4月1日施行)により、削除されました。
(注5)感染症法施行規則の一部改正により、2014年9月19日から新たに追加されました。
(注6)感染症法施行規則の一部改正(2018年1月1日施行)により、定点把握疾患から全数把握疾患に変更になりました。
(注7)感染症法施行規則の一部改正により、2018年5月1日から新たに追加されました。

指定感染症(届出基準と届出様式
  2020
新型コロナウイルス感染症(病原体がベータコロナウイルス属のコロナウイルス(令和2年1月に、中華人民共和国から世界保健機関に対して、人に伝染する能力を有することが新たに報告されたものに限る。)であるものに限る。)(注1) 348

(注1)2020年2月1日から新たに指定されました。

新型インフルエンザ等感染症(届出基準と届出様式等は、現時点では定められていません。)
  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
新型インフルエンザ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
再興型インフルエンザ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)