ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000000294更新日:2022年11月30日更新印刷ページ表示

広島市の感染症最新情報/最新週のトピックス

次回の更新は12月7日(水曜日)午後の予定です。​​​​

集計の状況によっては更新が夕方近くになる場合もあります。
ブラウザの「更新」または「再読込」ボタンを押して最新の情報をご覧ください。

2022年第47週(11月21日~11月27日)

感染症週報 [PDFファイル/286KB]

発生動向一覧表 ・ 過去5週間の動向

各区別・疾患別報告数(表) [PDFファイル/302KB]

年齢階層別報告数(表) [PDFファイル/108KB]

コメント

1 新型コロナウイルス感染症

 第47週に8,699件の報告があり、増加が続いています。今年の冬は、インフルエンザと同時流行する可能性が指摘されています。マスクの正しい着用、手洗い、ゼロ密、換気など基本的な感染予防対策に加えて、体調不良時の外出自粛など、一人一人が対策を徹底することが大切です。​

2 感染性胃腸炎​

 定点当たり4.68人の報告があり、増加が続いています。冬季はノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が多くなります。手洗いや便・吐物の適切な処理など、感染予防対策を徹底しましょう。

感染性胃腸炎の流行状況

3 つつが虫病

 3件の報告があり、今年の累計は8件となりました。山や草むらに入るとき、農作業を行うときは、長袖・長ズボン、帽子、手袋などを着用し、肌の露出を少なくしてダニ類の付着を防ぎましょう。また、屋外活動後は入浴しダニ類を洗い流しましょう。

4 梅毒

 今年の累計は292件となり、非常に多い状況が続いています。梅毒は性的な接触により感染し、治療せずに放置すると、脳や心臓などに重大な病変を起こすことがあるため、早期発見・早期治療が大切です。

【参考】保健センターの無料・匿名の梅毒検査(広島市) https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/72/2986.html

定点把握感染症報告状況(週報対象)

定点把握感染症報告状況(週報対象)

全数把握感染症報告状況(全数把握疾患報告数(2000年~最新週)

全数把握感染症報告状況

広島市における新型コロナウイルス感染症の発生状況(確定日で集計)

広島市における新型コロナウイルス感染症の発生状況

新型コロナウイルス感染症の発生状況は、
広島市ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関する情報」からご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の相談窓口
 コールセンター(積極ガードダイヤル) Tel:082-241-4566 (全日24時間対応)

12月1日は世界エイズデーです。

 HIV陽性者の方も陽性でない方も、ともにこの社会で暮らしていることを伝える「このまちで暮らしている。私もあなたも。12月1日は世界エイズデー」が2022年のキャンペーンテーマです。

 ひとりでも多くの人がHIV/エイズのことを自分事としてとらえる契機とし、正しい知識の普及を通して、HIV検査の受検促進や差別・偏見の解消等を図る活動が12月1日を中心に各地で行われています。

 広島市の各保健センターでは、通常の検査日程に加えて世界エイズデーにあわせて臨時検査を行っています。

 この機会にHIV(エイズ)検査を受けてみませんか?

詳しくはこちらをご覧ください。

・ HIV/エイズに関する相談と無料・匿名検査 (広島市) https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/72/108883.html

レッドリボン

【参考】「世界エイズデー(12月1日)」(エイズ予防情報ネット) https://api-net.jfap.or.jp/edification/aids/camp2022.html<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)