ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 水道・下水道 > 下水道 > 下水道 > 下水道の取り組み > 災害対策 > 広島市下水道事業継続計画(下水道BCP)を改訂しました

本文

ページ番号:0000002793更新日:2021年4月1日更新印刷ページ表示

広島市下水道事業継続計画(下水道BCP)を改訂しました

広島市下水道事業継続計画(下水道BCP)とは

 広島市下水道事業継続計画(以下「下水道BCP」という)とは、災害発生時に「下水道事業を継続すること」、また「事業が中断しても可能な限り早期に復旧すること」を目的として策定した計画であり、下水道の処理機能が停止するような被害を受けた場合の「より早い機能回復」と「被害の最小化」を図るための行動計画を定めたものです。
 具体的には、支援体制を定めた「事前対策計画」、各部署の役割や対応手順などを定めた「非常時対応計画」、訓練や計画の見直しなどを定めた「訓練及び維持改善計画」の3つの計画で構成しています。

※BCP(Business Continuity Plan 事業継続計画)
 災害発生時の人、物、情報及びライフライン等の利用できる資源に制約がある状況下においても、適切な事業執行を行うことを目的とした計画

近年頻発する豪雨等による水害を踏まえ、下水道BCPの改訂を行いました。

 平成30年7月豪雨や令和元年東日本台風など、近年、全国各地で豪雨等による水害が頻発し、下水道施設が被災する事例が発生しています。

 こうしたことから、地震・津波を対象とした従来の下水道BCPを拡充し、水害対策及び停電対策を含めた計画へと改訂を行いました。

広島市下水道事業継続計画(下水道BCP)の内容については、下記ダウンロードからご覧いただけます。

改訂履歴

  • 当初策定   平成26年 3月
  • 第1回改訂 平成28年 2月
  • 第2回改訂 平成29年 3月
  • 第3回改訂 平成30年 6月
  • 第4回改訂 令和  2年   6月
  • 第5回改訂 令和  3年   3月

ダウンロード

関連情報

災害時における復旧支援協力に関する協定を4団体と締結しました

災害時における復旧支援協力に関する協定を下水道関係団体と締結しました

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)