ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 水道・下水道・電気・ガス > 下水道 > 下水道 > 下水道は打ち水大作戦を応援します

本文

ページ番号:0000002645更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

下水道は打ち水大作戦を応援します

打ち水のススメ

 日風鈴本の夏は、蒸し暑い日々が続きます。

 そのような中、夏を涼しくすごす方法として、今静かに注目を集めているのが「打ち水」。
 「打ち水」とは、自宅周辺や庭先などに水をまく江戸時代から続く日本の風習で、昭和40年代までは、広島市内でもよく見られた風景でした。

 「打ち水」をしたら、周辺の空気が少しひんやりとして、涼しさを感じることができます。

 これは、まいた水が蒸発する時に地面から熱を奪うことにより、周辺の温度を下げているからなのです。

 ところでご存知ですか?
 「打ち水」に、水道水を使うことはご法度です。
 お風呂の残り湯や雨水などの二次利用水を使いましょう。

 バケツや小さめのタライなどを用意し、手やひしゃくでまきましょう。ジョウロなどでまくのも良いです。

 できるだけ広範囲にまきましょう。地面を湿らせる程度で十分です。

 道路での「打ち水」は歩行者や自転車、車に注意して安全に行いましょう。

バケツひしゃくジョウロ

打ち水大作戦とは

 「打ち水大作戦」とは、お風呂の残り湯や下水処理水などを、「ひしゃく」や「じょうろ」を使い、みんなで一斉に「打ち水」をすることにより、ヒートアイランドや暑い夏の都市の気温を少しでも下げようという試みです。

 NPO法人等で構成される「打ち水大作戦本部」が実施を呼びかけているもので、2003年にスタートしました。

 下水道局では、町内会や商店街など地域単位で実施される「打ち水」を支援するため、『バケツやヒシャクの貸出制度』[Wordファイル/44KB]を設けています。是非ご活用ください。(詳細についてはお問い合わせください。)

打ち水の様子

基町クレドふれあい広場

このページに関するお問い合わせ先

下水道局経営企画課庶務係
電話:082-504-2265/Fax:082-504-2429
メールアドレス:gesui@city.hiroshima.lg.jp