ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 市税の証明 > 04 コンビニ交付サービスの利用
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 税金 > 市税の証明 > 04 コンビニ交付サービスの利用

本文

ページ番号:0000002186更新日:2020年10月31日更新印刷ページ表示

04 コンビニ交付サービスの利用

請求できる方及び請求に必要な物

 広島市に住民登録されている方で、利用者証明用電子証明書が格納されているマイナンバーカードをお持ちの方が請求できます。なお、請求にあたっては、利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁)が必要です。

 コンビニ交付サービスの詳細については、こちらをご覧ください。

請求できる証明書及び手数料 

 所得金額、所得控除額、市民税・県民税の税額などが記載された最新年度分の市民税・県民税課税台帳記載事項証明書(一般用)【所得証明書】が請求できます。

 手数料は、1通につき350円です。

 なお、コンビニ交付サービスを利用される場合、手数料の免除はありません(手数料を支払った後の返還はありません。)。手数料が免除される証明書の交付を希望する場合は、お近くの市税事務所・税務室・出張所などの窓口で請求してください。

 

注意事項 (必ずお読みください。)

  •  「市民税・県民税課税台帳記載事項証明書(一般用)」は、キオスク端末(マルチコピー機)の証明書の選択画面では「所得証明書」と表示しています。
  •  修正申告などがあった場合は、すぐには証明書にその内容は反映されません。
  •  コンビニ交付サービスで請求できる証明書は、本人分だけです。本人と同居の親族の証明書も必要な場合は、同居の親族の方がご自身のマイナンバーカードを使用して請求してください。
  •  1月1日に広島市の住民登録がなかった方や住民登録があった方でもその後に市外へ転出された方などは、コンビニ交付サービスによる請求はできません。お近くの市税事務所・税務室・出張所などの窓口または郵送で請求してください。
  •  コンビニ交付サービスにより交付される証明書は、窓口で交付する証明書とは異なり、A4サイズの普通用紙に改ざん防止措置等を施したものとなります。
  •  令和2年度分の証明書は、6月1日(月曜日)午後より交付しています。市民税・県民税の納税方法が給料から差し引いて納める方法(給与からの特別徴収)の方も、同じです。
     平成31年度分以前の所得証明書は、コンビニ交付サービスによる請求はできません。平成31年度分以前の所得証明書が必要な場合は、お近くの市税事務所・税務室・出張所などの窓口または郵送で請求してください。

 

このページに関するお問い合わせ先

財政局 税務部 市民税課 市民税係
電話:082-504-2263/Fax:082-504-2129
メールアドレス:shiminzei@city.hiroshima.lg.jp