ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000011545更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

津波(とても高い波)が来たときのために!

津波<とても高い波>はとても危ないです。どうしますか?

津波<とても高い波>は、危ないです。だから、少しでも早く安全なところに逃げてください。

  • 津波<とても高い波>が来たとき、何をしますか?
    下を見てください。
    1. 強い地震のときや、弱い地震が長く続いたとき、海から遠くに行ってください。そして、早く高い ところに逃げてください。
    2. 津波警報<「とても危ないです。とても高い波が来ます」のお知らせ>が出たら、すぐに海から遠くに逃げてください。
    3. 津波注意報<「とても高い波が来ます」のお知らせ>でも、海の遊びを止めてください。そして、高いところに逃げてください。
    4. ラジオやテレビで正しいニュースを聞いてください。
    5. 津波<とても高い波>は、何回も来ます。津波警報<「とても危ないです。とても高い波が来ます」のお知らせ>・津波注意報<「とても高い波が来ます」のお知らせ>が出たら、海に行ってはいけません。
  • 津波<とても高い波>が来ます。どうしますか?
    下を見てください。
 

どんなときですか?

何をしますか?

1

地震で津波<とても高い波>が来るかもしれません。

テレビ(ラジオ)でニュースを見てください(聞いてください)。

2

津波注意報<「とても高い波が来ます」のお知らせ>が出ました。

逃げる準備をしてください。

  • 持って行くものを準備します。
  • 地図で避難場所<市などが決めた逃げるところ>を見ます。
  • 家族と連絡を取ります。

海が近い家の人は、何をしますか。近くの人に聞いてください。

3

津波注意報<とても高い波>のお知らせが出ました。

逃げますか?逃げませんか?あなたが決めます。

4

津波警報<「とても危ないです。とても高い波が来ます」のお知らせ>が出ました。

  • サイレンが鳴ります。
  • テレビやラジオでお知らせがあります。

波がいつもと違います。

必ず逃げてください。

急いでください。

  1. 避難場所<市などが決めた逃げるところ>や友達の家に行ってください。
    ※避難場所<市などが決めた逃げるところ>へ行くことが難しい人は、下を見てください。
    • 丈夫な建物の上の階に行ってください。
    • 大丈夫だとわかってから、もっと安全なところに行ってください。
  2. 人の命が危ないときは、119番に電話してください。

5

津波<とても高い波>で事故がありました。

けがをしました。

※丈夫な建物の上の階に住んでいる人…3日分の水や食べ物があったら、自分の家にいてください。

※津波<とても高い波>のとき、どこに逃げますか?どこを通ってそこに行きますか?分からない人は、近所の人に安全な道を聞いてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民局 人権啓発部 人権啓発課 多文化共生担当
電話:082-504-2165/Fax:082-504-2609
メールアドレス:jinken@city.hiroshima.lg.jp