ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000017945更新日:2020年11月5日更新印刷ページ表示

防災ライブカメラについて

 過去に土砂災害や洪水の発生したことのある場所や、地域で把握している危険な場所を安全な場所からスマートフォン等で確認できる防災ライブカメラの設置を支援します

防災ライブカメラ一覧

【カメラの閲覧方法】

(1)ご覧になりたいカメラを下記の一覧表から確認してください。(設置場所をクリックすると地図が表示されます。)

(2)閲覧カメラが決定したら、一覧表のカメラ名の上5桁の数字を確認してください。(後の操作で、カメラ名を選択する時に使います。)

(3)カメラ選択画面へ移行しますので、下記の「カメラ選択画面」をクリックしてください。(一覧表のカメラ名をクリックしてもカメラ選択画面へ移行できます。)

   カメラ選択画面はこちら<外部リンク>

(4)カメラ選択画面で、(2)で確認した、上5桁の数字から始まるカメラを選択するとカメラ画像が表示されます。

 

【カメラ一覧表】

行政区 小学校区 運用

設置場所

(クリックで地図を表示)

カメラ名

(上5桁の数字を確認)

上温品 上温品地区自主防災連合会 府中大川丸子橋 02001_fuchuokawa<外部リンク>
温品 温品学区自主防災連合会 府中大川八幡橋 02003_fuchuokawa<外部リンク>
西 草津 草津町内会自主防災会 草津東御幸川 04001_miyukigawa<外部リンク>
安佐南 長束西 長束西学区自主防災会連合会 長束西四丁目 05001_gonchigawa<外部リンク>
安佐南 大塚 大塚小学校区自主防災会連合会 大塚川大塚橋 05003_ozukagawa<外部リンク>
安佐南 三城田自主防災会 奥畑川役神橋 05004_okuhatagawa<外部リンク>
安佐北 口田南 上矢口自主防災会 矢口川岩田橋 06001_yaguchi<外部リンク>
安佐北 口田南 上矢口自主防災会 口田南五丁目矢口川 06002_yaguchi<外部リンク>
安佐北 口田南 中小田自主防災会 口田南三丁目小田川 06003_odagawa<外部リンク>
安佐北 口田南 矢口が丘自主防災会 口田南九丁目口田渓流 06004_kuchita<外部リンク>
安芸 瀬野 伏附自主防災会 瀬野四丁目伏附川 07001_fushitsuku<外部リンク>
安芸 上瀬野 清山自主防災組織 大元谷川清山橋 07002_omototani<外部リンク>
安芸 矢野 矢野町自主防災推進協議会 矢野東六丁目熊崎川 07003_kumasaki<外部リンク>
安芸 矢野 矢野町自主防災推進協議会 矢野川天神橋 07004_yanogawa<外部リンク>
安芸 矢野 矢野町自主防災推進協議会 矢野川下流 07005_yanogawa<外部リンク>
安芸 阿戸 阿戸町第四区自主防災会 阿戸熊野川松原橋 07006_kumanogawa<外部リンク>
安芸 瀬野 中河原自主防災会 熊野川向井橋 07007_kumanogawa<外部リンク>
安芸 矢野南 矢野南四丁目自治会自主防災会 矢野南四丁目下川 07008_shitagawa<外部リンク>
安芸 阿戸 阿戸町第五区自主防災会 阿戸熊野川昭和橋 07009_kumanogawa<外部リンク>
安芸 みどり坂 みどり坂町内会自主防災会 瀬野西一丁目桑原川 07010_kuwaharagawa<外部リンク>
安芸 中野東 平原東町内会自主防災会 瀬野川平原橋 07011_senogawa<外部リンク>
安芸 瀬野 榎山上2自治会自主防災会 榎山川久保地橋 07012_enoyama<外部リンク>
安芸 瀬野 寺地町内会自主防災会 瀬野駅東側 07013_enoyama<外部リンク>
安芸 中野 津村自治会自主防災会 洗川上流 07014_araigawa<外部リンク>
佐伯区 河内 河内地区自主防災会連絡会 八幡川立野橋 08001_yahatagawa<外部リンク>

防災ライブカメラ設置の制度について

 防災ライブカメラの設置方法は、以下2つの制度から各自主防災組織においてお選びいただけます。

1 支援制度

 広島市が指定する防災ライブカメラ製品を、契約日から3年間支援します。

 制度概要

申込期間 令和元年6月10日から令和3年3月31日まで
支援期間 契約日から3年間
設置者 広島市
経費負担 広島市
設置機器 インターネット公開を前提とした屋外カメラ製品で、一定間隔で静止画を配信

※ 設置機器は広島市が指定する製品となります。

2 補助制度

 自主防災組織が設置する防災ライブカメラに要する経費を2年間補助します。(防災ライブカメラ製品の指定はありません。)

補助金額及び補助率(1台当たり)

補助年度 補助率 限度額
初年度目 100% 30万円
2年度目 50% 4万円

設置初年度目の対象経費

  • 防災ライブカメラの機器の購入、リースまたはレンタルに係る経費
  • 防災ライブカメラの機器の設置工事に係る経費
  • インターネット通信環境整備に係る経費
  • 防災ライブカメラの動作に使用する電力消費に係る経費
  • インターネット回線のデータ通信に係る経費
  • その他必要と認める経費

設置2年度目の対象経費

  • 防災ライブカメラの機器のリースまたはレンタルに係る経費
  • 防災ライブカメラの動作に使用する電力消費に係る経費
  • インターネット回線のデータ通信に係る経費

申請方法等

 申請書類等は危機管理室災害予防課へ提出してください。

※1 申請する自主防災組織は、あらかじめ組織内の意思決定や設置場所の選定(土地所有者の同意)を行う必要があります。

 なお、設置場所には電源が必要なことから、事前に御相談をして下さい。

※2 いずれの制度も防災ライブカメラの管理運用は自主防災組織にお願いしています。

ダウンロード

地図情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)