ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000017772更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島市地域強靱化計画

1 趣旨

 東日本大震災から得られた教訓を踏まえ、大規模自然災害等に備えた国土全域にわたる強靱な国づくりを推進するため、国等の責務や基本方針等を定め、国土強靱化に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図ることを目的として、平成25年12月、「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に役立てる国土強靱化基本法」、いわゆる「国土強靱化基本法」が制定・公布されました。
 その後、国においては、国土強靱化基本法に基づき、平成26年6月に、国土の強靱化に関して関係する国の計画等の指針となる「国土強靱化基本計画」を策定し、さらに、地方公共団体における地域強靱化計画の策定が円滑に図られるようガイドラインを公表しました。
 また、広島県では平成28年3月に「広島県強靱化地域計画」を策定しており、こうした国や県の動向を踏まえ、本市においても平成29年4月に「広島市地域強靱化計画」を策定しました。

2 計画の位置付け

 広島市地域強靱化計画は、国土強靱化基本法第13条に基づく「地域計画」であり、国の基本計画との調和を図りつつ、本市の市政の基本方針である「広島市総合計画」とも整合を図りながら策定し、「広島市地域防災計画」や広島市総合計画の各種部門計画にける本市の国土強靱化に役立てる施策を総合的、計画的に推進するための指針として位置づけています。

※広島市地域強靱化計画の全文は、このページの最下段のダウンロードからご確認ください。

関連リンク

ダウンロード

広島市地域強靱化計画(2MB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)