ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 公共事業の情報化と技術管理(技術管理課) > 極東興和株式会社-道路用橋げた(軽荷重スラブ橋げた)

本文

ページ番号:0000004265更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

極東興和株式会社-道路用橋げた(軽荷重スラブ橋げた)

広島製産品活用事例

土木資材 橋梁 ・ トンネル資材

道路橋用橋げた(軽荷重スラブ橋げた)

1.特徴

 工場でコンクリートにプレストレスを与え、より丈夫なコンクリート桁を製作します。

 道路法に規定されていない、通常の橋げたよりも設計荷重の小さい道路に使用されます。

 橋梁の長さなどの条件によりますが、本製品を使用する事で工期短縮が図れます。

 【JIS A 5373-2004 橋りょう類 推奨仕様2-1 道路橋用橋げた(軽荷重スラブ橋げた)】

 LS桁

LS桁

2.施工方法

 工場で製作した橋げたを現地に運搬し、クレーンなどで支承上に架設します。

 橋げた間に場所打ちコンクリートを打設し、横組み鉄筋で一体化させます。

3.施工例

施工例1施工例2

施工例3

 施行年度 平成23年度

 施工場所 東広島市

極東興和株式会社

732-0052 広島市東区光町2丁目6番31号

Tel 082-261-1202

担当:奥廣 祐


建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク