ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 公共事業の情報化と技術管理(技術管理課) > 極東興和株式会社-KSスラブ

本文

ページ番号:0000004262更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

極東興和株式会社-KSスラブ

広島製産品活用事例

土木資材 橋りょう・トンネル資材、道路資材、河川資材

KS(ケー・エス)スラブ

1.KSスラブとは

 KSスラブとは、上下縁のそれぞれに配した薄肉コンクリート版をトラス筋により結合した超軽量スラブで群集荷重やT-6荷重などの軽荷重に対応しています。さらに中空型枠として用いるEPSをトラス筋と一体化して製作するため、より高い精度で製作することを可能にしています。また、コンクリート材料に産業副産物を積極的に活用することで環境負荷低減に貢献しています。(NETIS登録 CG-070016-A)

KSスラブとはの画像

高強度コンクリート トラス筋 EPSペデストリアンデッキ用床版

水路蓋固定桟橋
その他 (左)地下貯蔵施設の蓋 防振壁(右)駐車場スラブ

2.橋梁(歩道橋)事例

(左)断熱矢板(右)下水道蓋
橋梁(歩道橋)事例

 施工年度 平成19年度
 施工場所 山県郡北広島町

極東興和株式会社

732-0052 広島市東区光町2丁目6番31号

Tel 082-261-1202

担当:奥廣 祐


建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク