ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000276417更新日:2022年9月7日更新印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症患者と接触された方へ

 感染者と感染可能期間(感染者が発症した日の2日前以降)にお互いマスクなしで手が触れる距離(目安1メートル)で15分以上会食した場合などには、感染の可能性があります。
 下記の濃厚接触者に該当する場合には、一定の期間、検温などご自身による健康状態の確認等を行っていただくとともに、可能な限り自宅待機をお願いします。

 (参考)感染者と接触した場合 [その他のファイル/194KB]

濃厚接触者とは

 「濃厚接触者」とは、患者の感染可能期間(発症2日前(無症状者の場合は,陽性確定に係る検体採取日の2日前)から退院又は療養解除の基準を満たすまでの期間)において、当該患者が入院、宿泊療養又は自宅療養を開始するまでに接触した方のうち、次のいずれかに該当する方が該当します。

  • 患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった方
  • 適切な感染防護なしに患者を診察、看護若しくは介護していた方
  • 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
  • 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、患者と15分以上の接触があった方

※ 航空機内の場合については、国際線においては患者の前後2列以内の列に搭乗していた者、国内線おいては患者の周囲2メートル内に搭乗していた者をそれぞれ原則とします。
(出典)新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(令和3年11月29日版)

濃厚接触者の特定

 本市では、新型コロナウイルス感染症の急拡大に伴い、積極的疫学調査を重点化するため、原則、同居家族までを濃厚接触者として特定しています。同居家族以外の方で、ご自身が濃厚接触者に該当すると思われる方については、感染者と最後にあった日から5日間を経過するまでは、検温などご自身による健康状態の確認等を行っていただくとともに、可能な限り自宅待機をお願いします。
 また、ご不安であれば、広島県が運営する県PCRセンター<外部リンク>でのPCR検査の受検や出勤を控えるなどの対応を検討するようお願いいたします。​ 

濃厚接触者の待機期間

同一世帯内の場合

 患者の発症日(無症状の方については検体採取日)又は、家庭内で感染対策を開始された日の遅い方を0日目とし、そこから5日間(6日目解除)となります。
 自粛中に新たに同居家族内で陽性になられた方がいる場合は、その方の発症日(無症状の方は検体採取日)を0日目として起算します。
 なお、2日目と3日目に薬事承認された抗原定性検査キットを用いた自費検査で陰性の場合は、3日目から解除が可能です。

同一世帯内以外

 患者と最後に接触があった日(最終接触日)から5日間(6日目解除)となります。
​ なお、2日目と3日目に薬事承認された抗原定性検査キットを用いた検査で陰性の場合は、3日目から解除が可能です。

 いずれの場合においても、一定の発症リスクは残存することから、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者や基礎疾患を有する方など重症化リスクの高い方との接触や高齢者施設等のハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用・会合等を避け、マスクを着用すること等の感染対策の徹底を行ってください。
 具体的な待機期間については、広島県ホームページ<外部リンク>を参考にしてください。

(参考)【厚生労働省事務連絡】B.1.1.529 系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について(2022年7月22日) [PDFファイル/1.59MB]

医療従事者,介護従事者,障害者支援施設等の従事者,保育所,幼稚園,小学校等の職員である濃厚接触者

 次の要件を満たす場合に,不要不急の外出に当たらないため,業務に従事することが可能です。

【要件】

  • 他の従事者による代替が困難である従事者であること
  • 新型コロナウイルスワクチンの追加接種を実施済み(追加接種後14日間経過)で濃厚接触者と認定された方であること(2回目接種から6か月以上経過していない場合には,2回接種済みで,2回目の接種後14日間経過した後)
  • 無症状であり,毎日業務前に核酸検出検査又は抗原定量検査(やむを得ない場合は, 抗原定性検査キット)により検査を行い陰性を確認されていること
  • 濃厚接触者である従事者の業務を,所属の管理者が了解していること

【注意事項】

待機期間中の過ごし方

 濃厚接触者は、感染している可能性があることから、所定の期間は、検温などご自身による健康管理を行っていただくとともに、不要不急の外出は控え、可能な限り自宅待機をしてください。

 同居者がいる場合には、同居者同士の接触をできる限り避け、タオルや食器等の共用は避けるようにしてください。また、手を触れる共用部分(例えば、ドアノブ、電気のスイッチ、トイレの便座やレバーなど)は消毒を行い、鼻をかんだティッシュや使用した使い捨てマスクは、すぐにビニール袋に入れ、密封して廃棄してください。
 (参考)新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)<外部リンク>

 待機期間中に発症した場合は、かかりつけ医や広島県ホームページ<外部リンク>掲載の「新型コロナウイルス感染症に係る電話・オンライン診療実施医療機関リスト」にある医療機関に連絡のうえ、受診をしてください。また、積極ガードダイヤルへご相談いただくこともできます。

抗原定性検査・PCR検査について

 抗原定性検査キット等で検査を行った結果、陽性が判明した場合には、コールセンターへご相談いただき、医療機関等を受診いただきますようお願いいたします。

 また、広島県が運営する県PCRセンター<外部リンク>等でのPCR検査の受検することもできます。

関連情報

※事業所の方が抗原定性検査キットを購入される場合は、お近くの薬局・ドラッグストア又は医薬品卸売販売業者(厚労省ホームページ)<外部リンク>へお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


新型コロナウイルス感染症の発生等に関する記者発表(YouTube)<外部リンク>

ワクチン<外部リンク>

コロナウイルスに関する英語サイト

広島市の緊急対策
広島市主催のイベント・施設等
広島市新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議
関連リンク
関連情報

発熱などの症状があったら

感染拡大を防ぐために

感染が広がるイメージ図

市民の皆様へのお願い