ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000001516更新日:2021年4月26日更新印刷ページ表示

入学式

令和3年度 入学式

陽春、うららかな4月9日 令和3年度の入学式が挙行されました。

第一看護学科79名、第二看護学科38名が、学校長より入学許可宣言を受けて入学しました。

壇上の花          式会場全体図

 

 

 

 

 

昨年度に続き、今年度も新入生と教員のみの縮小した式となりましたが、

新たな新入生を迎えられたことを教職員一同嬉しく思います。

 

市長の祝辞

 

 

 

 

松井市長より祝辞をいただきました。

 

 

新入生代表宣誓

 ただいま入学を許可されました私たち、第一看護学科第29回生79名、第二看護学科第43回生38名
それぞれの想いを胸に、今日ここに看護の道への新たな一歩を踏み出しました。-中略-

 私たちはこれからそれぞれの看護観を持ち、多くの事を学んでいきます。その中でそれぞれが大きな壁にぶつかることもあると思います。そんな時は、今日出会った仲間と支え合い、先生方や先輩方に助言をいただき壁を乗り越え、仲間とともに成長していきたいと思います。

 そして、どのような健康状態にあっても自分らしい生活を送りたいと願う患者様やご家族のニーズに応えていける看護師になりたいと思います。そのために、日々の努力を惜しまずどのような時も誠実に学ぶ姿勢を持ち続けることを誓います。

 令和3年4月9日

新入生宣誓

 

 

新入生歓迎の言葉(在校生代表)

 暖かくやわらかい風に包まれ春の訪れを感じるこの良き日、新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。-中略-

 これから始まる三年間では、大きな壁に苦しみ、涙があふれることもあると思います。しかし、私たちには悩みや苦しみを分かち合い、同じ夢に向かってともに励んでいける仲間がいます。親身になって話を聞いてくださり、時にはともに涙を流してくださる先生方もいます。私たちの周りには、支えてくださる多くの人たちがいます。決してひとりではありません。あきらめない限り、必ず夢をかなえることができます。そのためにも初心を忘れず、今皆さんの心にある希望の光をともし続けてください。

 令和3年4月9日 

 在校生より歓迎の言葉