ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > これまでに寄せられた主なご意見とその回答 > 歩道と車道の段差はない方が良い

本文

ページ番号:0000008242更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

歩道と車道の段差はない方が良い

 車いすを使用する人や高齢者のために、交差点の歩道と車道の段差はなくした方が良いと思います。

回答
 ご意見のように、車いすを使用する人や高齢者の皆さんには、交差点などの歩道と車道の段差はない方が良いと思います。
 しかし、段差がないと、杖を使う視覚障害のある人には、歩道と車道の境目が分かりにくくなり、大変危険です。
 つまり、段差は大き過ぎても、小さ過ぎても困る人がいます。このようなことにも配慮して、市は交差点の「段差は2センチを標準とする」と規定しています。以前は施工誤差などで段差の大小もありましたが、平成15年に「2センチを標準に施工誤差はマイナス1センチまで」という新たな基準を設け、現在はこれに従って工事をしています。
 今後も、自転車やベビーカー、歩行者も含めて、安全な移動ができる道路をつくっていくよう努めていきます。

このページに関するお問い合わせ先

道路交通局道路部道路課
電話:082-504-2369/Fax:082-504-2427
メールアドレス:douroka@city.hiroshima.lg.jp