ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000002587更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

介護のお仕事ってどんなもの?

介護職員

介護職員について

介護職員の仕事の内容

介護職員は、特別養護老人ホームなどの施設、デイサービス事業所などで、食事や入浴の介助、リハビリのお手伝いなど、介護を必要とするお年寄りの日常生活をサポートし、自立を支援します。

介護職員の勤務先

介護職員の勤務先は、大きく分けて、通所施設(デイサービス・デイケア)と入所施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホームなど)の2種類あります。

通所施設での勤務は、主として日勤が中心ですが、早出・遅出など交代制勤務の場合もあります。

入所施設は24時間365日のサービスのため、夜勤を含めた変則勤務の場合が多くありますが、休暇の取り方を柔軟にするなど、働きやすい環境づくりが進められています。

介護職員に関する資格

介護職員として働くためには、必ずしも資格が必要ではありませんが、介護福祉士や介護職員実務者研修修了、介護職員初任者研修修了などの資格が役に立ちます。

訪問介護員(ホームヘルパー)

訪問介護員について

訪問介護員の仕事の内容・勤務先

訪問介護員(ホームヘルパー)は、介護を必要とするお年寄りの自宅で日常生活をサポートし、身の回りのケアを行う仕事です。
一日のうちに複数のお宅を訪問し、食事のお世話、通院・買物の付添い、掃除・洗濯のお手伝い、服薬の確認などを行います。

訪問介護員に関する資格

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには、介護職員初任者研修修了の資格が最低限必要です。さらに、介護職員実務者研修や介護福祉士の資格を取得し、キャリアアップを図ることもできます。