ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 個人市民税 > よくある質問と回答(個人市民税・県民税(住民税)) > 基本的仕組み > 基本的仕組み > 個人の市民税・県民税(住民税)や所得税は、どのくらいの収入から課されますか。(FAQID-9999)d

本文

ページ番号:0000001918更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

個人の市民税・県民税(住民税)や所得税は、どのくらいの収入から課されますか。(FAQID-9999)d

 広島市内にお住まいの人の場合、原則として、収入金額から必要経費を差し引いた所得金額が、35万円以下(給与所得者の場合、年収100万円以下)のときは、個人住民税も所得税も課されません。

 この所得金額が35万円超38万円以下(給与所得者の場合、年収100万円超103万円以下)のときは、個人住民税は課されますが、所得税は課されません。

 所得金額が38万円超(給与所得者の場合、年収103万円超)のときは、個人住民税も所得税も課されます。

 なお、個人住民税や所得税が課されるかどうかは、個人個人の収入の状況や、家族構成などで異なりますので、所得金額が35万円や38万円を超える場合でも、個人住民税や所得税が課されない場合があります。

前年の所得金額(給与収入の場合)

個人住民税

所得税

35万円以下

(年収100万円以下)

課されない

課されない

35万円超38万円以下

(年収100万円超103万円以下)

課される

38万円超

(年収103万円超)

課される

お問い合わせ先

個人住民税について

所得税(国税)について(クリックすると別ウィンドウで開きます。)

関連情報