ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 医療機関の方へのお知らせ > 届出基準と届出様式 > 動物の疾患 > 届出基準と届出様式(動物の疾患)

本文

ページ番号:0000000357更新日:2020年3月25日更新印刷ページ表示

届出基準と届出様式(動物の疾患)

動物の疾患(法第13条第1項に規定する獣医師が届ける動物の疾患)

 届出は、診断後直ちにお願いします。(届出先:各区保健センター

届出基準・届出様式(厚生労働省)

  疾患名 対象となる動物 届出基準
第1 エボラ出血熱 サル 基準<外部リンク>
第2 重症急性呼吸器症候群
(SARS)
イタチアナグマ、タヌキ、
ハクビシン
基準<外部リンク>
第3 ペスト プレーリードッグ 基準<外部リンク>
第4 マールブルグ病 サル 基準<外部リンク>
第5 細菌性赤痢 サル 基準<外部リンク>
第6 ウエストナイル熱 鳥類 基準<外部リンク>
第7 エキノコックス症 基準<外部リンク>
第8 結核 サル 基準<外部リンク>
第9 鳥インフルエンザ
(H5N1又はH7N9)
鳥類 基準<外部リンク>
第10 中東呼吸器症候群
(MERS)
ヒトコブラクダ 基準<外部リンク>

届出基準・届出様式等

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 健康推進課 保健予防係
電話:082-504-2622/Fax:082-504-2258
メールアドレス:k-suishin@city.hiroshima.lg.jp