ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 水道・下水道 > 下水道 > 下水道 > 事業者の方へ > 下水道工事等施工事業者の方へ > 【追加】下水道管きょ更生工事における入札参加条件の見直しについて

本文

ページ番号:0000144895更新日:2020年6月30日更新印刷ページ表示

【追加】下水道管きょ更生工事における入札参加条件の見直しについて

下水道管きょ更生工事における入札参加条件(技術者資格、会社の施工実績)の見直しについて

 下水道管きょの更生工事は、道路を掘削することなく施工可能な工法であるが、工法ごとの特性や特徴が多種多様であるうえ、成果物となる更生管きょは、現場で製品を加工する工程を含むため、品質を確保するためには、現場条件に適した工法を選定するとともに適切な施工管理が求められる。

 今後、本市における下水道管きょの改築事業は管きょの老朽化に伴い益々増加する見込みであることから、工事の品質を確保するため、下記のとおり入札参加条件を見直すものである。

 

                          記

1 入札参加条件の見直しについて

 (1) 技術者資格について

 本市では、元請の配置技術者に管きょ更生工法の知識等を備えた技術者を配置することが施工管理・品質管理を確実に履行するうえで重要と判断している。また、日本下水道協会が2017年に改定した「管きょ更生工法における設計・施工ガイドライン」においても、「管きょ更生工法における資格制度の活用」が新たに盛り込まれている。

 こうしたことから、元請の主任技術者及び監理技術者について、従来の建設業法第26条第1項から第4項までに規定する者に加えて、管きょ更生工事の施工管理に関する以下のいずれかの資格を新たに求めることとする。

・下水道管路更生管理技士〔一般社団法人 日本管路更生工法品質確保協会〕

・下水道管路管理専門技士(修繕・改築部門)〔公益社団法人 日本下水道管路管理業協会〕

・下水道管きょ更生施工管理技士〔一般社団法人 日本管更生技術協会〕 【追加した資格】

 (2) 会社の施工実績について

 会社の施工実績については、これまでは管きょ更生工事の実績を有する業者数が少なかったことを理由に、非開削で施工するなど比較的施工形態が類似する推進工事等の実績でも可としてきたが、管きょ更生工事の実績を有する業者も増加してきている。

 こうしたことから、会社の施工実績については、原則「管きょ更生工事の実績」のみに変更する。なお、実績の取得機会を確保するため、一部の工事では当面の間従来通りの運用も行う。

 

2 適用時期

  入札参加条件の見直しの適用時期は、令和5年度以降に入札公告を行う工事から適用する予定である。なお、技術者の資格取得にかかる試験回数等を考慮し、令和2年度~令和4年度までの期間は、技術者資格及び施工実績の取得準備期間としている。

 

3 その他

  適用の開始においては正式な決定通知を改めて行うものとする。


【参考】