ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > ひとり親家庭や寡婦で、一時的に家事や子どもの世話ができなくなった。人を派遣してほしい。(Faqid-2855)

本文

ページ番号:0000004665更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

ひとり親家庭や寡婦で、一時的に家事や子どもの世話ができなくなった。人を派遣してほしい。(Faqid-2855)

ひとり親家庭、寡婦や養育者家庭で、就職活動や病気などで、一時的に日常生活に支障が出ている場合に、家庭生活支援員を派遣し、家事や子育ての支援を行います。

活動内容

 生活援助:ひとり親家等での食事の世話、住宅の掃除、身のまわりの世話など

 子育て支援;家庭生活支援員の居宅での、乳幼児の保育や保育園への送迎など

派遣期間

 ※派遣を希望される理由によって利用できる時間数が異なります。

  • 就職活動などの自立促進に必要な理由、または疾病や転勤、残業、冠婚葬祭などの社会的理由による場合は、1か月あたり40時間程度(6か月を限度)
  • ひとり親家庭になった、就職したなど生活環境が激変して6か月以内の場合は、1か月あたり60時間程度(6か月を限度)
  • 未就学児を養育しているひとり親家庭であって、就業上の理由により帰宅時間が遅くなる場合等(所定内労働時間を除く。)は、1か月あたり40時間程度

費用

1時間当たり

  • 生活援助
    生活保護世帯・市町村民税非課税世帯は0円、
    児童扶養手当支給水準の世帯150円、
    その他の世帯300円
  • 子育て支援
    生活保護世帯・市町村民税非課税世帯は0円、
    児童扶養手当支給水準の世帯70円、
    その他の世帯150円

※子育て支援は、児童数に応じた負担額となり、2人以上の児童1人につき児童1人の場合の負担額に0.5を乗じて得た額を加算します。

※未婚のひとり親の方は、申請により、寡婦または寡夫とみなして負担額を算定することができます。ただし、申請される方の所得金額や同居の方の所得金額によっては申請いただいても利用世帯の区分は変わらないことがあります。

家庭生活支援員登録資格

 生活援助:介護職員初任者研修修了者、ホームヘルパー3級以上、看護師、准看護師の資格をお持ちの方

 子育て支援:保育士、幼稚園教諭、看護師、准看護師の資格をお持ちの方、本市が実施する養成研修を修了した方、またはファミリー・サポート・センターの提供会員・両方会員

申し込み・お問い合わせ先

各区厚生部福祉課または(一財)広島市母子寡婦福祉連合会

住所 電話 Fax
中区厚生部福祉課 〒730-8565 広島市中区大手町四丁目1番1号 (082)504-2569 (082)504-2175
東区厚生部福祉課 〒732-8510 広島市東区東蟹屋町9番34号 (082)568-7733 (082)568-7781
南区厚生部福祉課 〒734-8523 広島市南区皆実町一丁目4番46号 (082)250-4131 (082)254-9184
西区厚生部福祉課 〒733-8535 広島市西区福島町二丁目24番1号 (082)294-6342 (082)294-6311
安佐南区厚生部福祉課 〒731-0194 広島市安佐南区中須一丁目38番13号 (082)831-4945 (082)870-2255
安佐北区厚生部福祉課 〒731-0221 広島市安佐北区可部三丁目19番22号 (082)819-0605 (082)819-0602
安芸区厚生部福祉課 〒736-8555 広島市安芸区船越南三丁目2番16号 (082)821-2813 (082)821-2832
佐伯区厚生部福祉課 〒731-5195 広島市佐伯区海老園一丁目4番5号 (082)943-9732 (082)923-1611
(一財)広島市母子寡婦福祉連合会 〒732-0822 広島市南区松原町5番1号 (082)264-0505 (082)264-0506