ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 広島広域都市圏について教えてください。(FAQID-2288)

本文

ページ番号:0000015637更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島広域都市圏について教えてください。(FAQID-2288)

広島広域都市圏は、広島市の都心部からおおむね60kmの圏内にある、東は三原市エリアから西は山口県柳井市エリアまでの24市町で構成されています。

圏域を構成する市町の名称

広島県:広島市(連携中枢都市)、呉市、竹原市、三原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町

山口県:岩国市、柳井市、周防大島町、和木町、上関町、田布施町、平生町

〈計11市13町〉

圏域内には、嚴島神社(廿日市市)や広島平和記念資料館(広島市)、大和ミュージアム(呉市)、錦帯橋(岩国市)といった年間観光客数が60万人を超える施設等のほか、多様な文化・スポーツ施設などがあります。
また、その周辺地域には、三段峡(安芸太田町)等の自然資源、神楽門前湯治村(安芸高田市)等の伝統芸能資源、さらには、呉市(御手洗地区)や竹原市、柳井市の重要伝統的建造物群保存地区等の歴史資源などもあります。

広島広域都市圏では、1993年、13市町により「広島広域都市圏形成懇談会」を設立以降、圏域というエリア設定を生かしてその一体的発展に向けた交流・連携を推進してきました。2012年2月には4町が加わり、「懇談会」を「広島広域都市圏協議会」に改称し、さらに、2015年7月、7町が加わって、現在に至っています。
 「広島広域都市圏協議会」では、圏域内のまちの活性化と産業・経済の活力増進を図ることを目的として「まち起こし協議会」を設置し、「神楽」や「食と酒」といった地域資源を積極的に活用した取組を進めています。

圏域を構成する市町の名称の画像

関連情報

広島広域都市圏とは