ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 原爆被害対策部 援護課 > 黒い雨体験者の健康不安相談

本文

ページ番号:0000003350更新日:2020年5月26日更新印刷ページ表示

黒い雨体験者の健康不安相談

原子爆弾投下直後に降った黒い雨により、現在も健康に不安をお持ちの方について、保健師や医師、臨床心理士が相談に応じます。

健康不安相談の対象となる方

 次の4つに、すべてあてはまる方

  • 現在、広島市内にお住まいの方
  • 被爆者健康手帳または第一種健康診断受診者証の交付を受けていない方
  • 広島県・広島市等が被爆地域の拡大を求めている地域内において、原爆投下直後に黒い雨を体験した方
  • 現在、健康に不安をお持ちの方

事業の内容

1 保健師・医師・臨床心理士による相談(予約制)

  1. 保健師相談
    黒い雨による健康不安を抱いている方に対して、保健師が相談に応じます。
    • ア 常設窓口相談
      原爆被害対策部援護課(市役所本庁舎3階)に常設の窓口を設置
    • イ 地区訪問相談
      相談希望者が3名程度で、最寄りの集会所等に保健師が訪問
    • ウ 個別訪問相談
      地区訪問相談や巡回相談会の利用が困難な方に対して、ご自宅等に保健師が訪問
  2. 医師等相談会(広島市中心部に会場を設けて開催)
    保健師相談後、より専門的な相談を希望される方に対して、医師や臨床心理士が相談に応じます。
  3. 巡回相談会(安佐南区・安佐北区・安芸区・佐伯区・安芸太田町に会場を設けて開催)
    保健師や医師、臨床心理士が相談に応じます。

2 交通費の助成

常設窓口相談、巡回相談会、医師等相談会に参加するため、(1)公共交通機関や(2)介護タクシー等を利用し、400円以上の交通費を負担した方については、その交通費を助成します(事後払い)。

詳しくは、予約時にご相談ください。

予約方法

 相談は、電話による予約が必要です。
 専用ダイヤル 082-504-2613(平日8時30分~17時00分)

相談日程

  • 常設窓口相談 保健師が相談に応じます。
    • 日時 平日10時00分~16時00分
    • 場所 原爆被害対策部援護課(市役所本庁舎3階)
  • 地区訪問相談 相談希望者が3名程度で、保健師が出向いて相談に応じます。
    • 日時 平日10時00分~15時00分
    • 場所 最寄りの集会所等
  • 個別訪問相談 保健師が出向いて相談に応じます。
    • 日時 平日10時00分~15時00分
    • 場所 ご自宅等
  • 巡回相談会(2020年度) 保健師・医師が相談に応じます。
    時間 13時30分~17時00分
期日 場所 予約締切日
7月 16日 (木曜日) 安佐公民館 7月 2日 (木曜日)
8月 20日 (木曜日) 湯来南公民館 7月 30日 (木曜日)
9月 10日 (木曜日) 安佐南区総合福祉センター(★) 8月 27日 (木曜日)
10月 29日 (木曜日) 川・森・文化・交流センター(安芸太田町) 10月 15日 (木曜日)
11月 12日 (木曜日) 安佐北区総合福祉センター(★) 10月 29日 (木曜日)
12月 17日 (木曜日) 佐伯区役所別館(★) 12月 3日 (木曜日)
1月 21日 (木曜日) 安芸区総合福祉センター(★) 12月 24日 (木曜日)
2月 4日 (木曜日) 安公民館 1月 21日 (木曜日)

(★)は、臨床心理士も相談に応じます。
(★)以外の場所で、臨床心理士の相談をご希望の場合は、専用ダイヤル082-504-2613までご連絡ください。

ダウンロード

2020年度 黒い雨体験者の健康不安相談パンフレット [PDFファイル/1.35MB]

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 原爆被害対策部 援護課 援護係
電話:082-504-2613/Fax:082-504-2257
メールアドレス:gentaiengo@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)